「母親を愛情と言う呪縛から解放する「普通の子育て」について」
こんにちは、こんばんは。
「母親を愛情と言う呪縛から解放する「普通の子育て」について」

生まれて間もない赤ちゃんに多く見られる有名なしぐさに、「新生児微笑」というものがあります。
私たちは、赤ちゃんが口元を緩めるだけで幸せな気持ちになります。しかし、赤ちゃんと親の解釈にはズレがあるようです。
赤ちゃんは、胎児の時 つまりお腹の中にいるときからこのような表情をするそうです。赤ちゃんは、嬉しいわけでも幸せな訳でもないのです。と 京大医学部卒、日本乳児行動発達研究会、日本赤ちゃん学会事務局長の小西行郎先生は仰っています。

同じように、泣くというしぐさにも、特に意味のない時があるのです。赤ちゃんが泣いた時、おむつも替えたばかりだし では、お腹が空いているのかしら?と思いお乳を与えると吸いついてきます、ああ、やっぱりお腹が空いていたのね。とお母さまは納得します。でも、発達行動学の立場からすると、生まれて一ヶ月くらいの赤ちゃんは、ほとんど「反射的」だそうで、お腹が空いてなくても、口の中に物を入れられると勝手に吸ってしまうのだそうです。

こうした赤ちゃんは、空腹でなくとも排泄でもなく、ただ単に泣いている場合があるそうです。微笑むと同じように、泣くも胎児期から備わっている能力なのです。

泣いたらお乳をあげる、を繰り返しているうちに、今度は、泣いたら抱っこしてくれる、に繋がり、月齢が進むにつれ抱いてもらえないと激しく泣くことになります。

どうしてこんな能力が?と思われるかもしれませんが、ちょっと笑う事で簡単に親の愛情を獲得することができ、親の意識を自分のほうに向けることで、親に養育してもらえる。いわば、人間の脳の「生きたい」の本能に根ざしたものと言えそうです。

a0183245_12514050.jpg


こんなこと聞くと、赤ちゃんが可愛くない!と反発を感じられるお母さまもいらっしゃることでしょう。
でも 赤ちゃんは、指しゃぶりしたり、模倣したり、新生児微笑したり、自発的に泣いたりして、一生懸命母親とコミュニケーションはかろうとしているのです。赤ちゃんも生きる為に必死です。

これを、親は勘違いして赤ちゃんの都合のよいように動かされている事もしばしばあります。
もっと深刻な例では、自分の育て方に問題があるのではないかと、母親がストレスを抱え、うつになってしまう事です。
赤ちゃんは、私たちが感じているほど無力でも無能でもないのです。


2ヶ月くらいからの赤ちゃんに見られる「指しゃぶり」も、淋しいのだろうか、ストレスなのかと勝手にいろいろな理由を想像させます。事実、空腹のサインなのかと研修した学者さんもいたようです。
最近では、「赤ちゃんは、口や舌を使って自分の手を知覚している」と考えられています。

赤ちゃんのしくさには、親の勘違いを招いてしまうものが多く含まれているのも事実です。
自分の手で顔を触る、手を口に入れる、両手を合わせる、足をつかむ、舐める、こうして「おや、これは何だ?」と不思議に思い、身体の感覚を発達させていくのです。

実際に目に見え、触れられるものばかりではありません。10カ月頃になると、目の前の世界だけではなく、どうやら自分の後ろにも世界があるらしいことに気付き、頭を後ろにゴンゴンぶつけたりもするのです。

赤ちゃんの生きるチカラ,本当に凄いですね!!

小西先生は、「誤解や勘違いを埋めながら、親子の絆を作り上げていく作業が子育てなのです。」と仰っています。

とは言え、毎日の子育て大変です。
子育て真っ最中のママ、応援しています!自分を責めたりしないでね。

それではまた、お目にかかりましょうね。

Nakamura momoko
[PR]
by mgmomoko | 2014-11-21 12:51 | 教育