お母さん、大丈夫? 既に変わり始めていますよ
こんにちは、こんばんは。
「お母さん、大丈夫? 既に変わり始めていますよ!」

今や、世界中のどこにいようとも、一緒にスカイプで会話しながらネットショッピングが楽しめたり、同じ映画を同時にダウンロードして、まるで同じ空間で一緒に視ている感覚にもなったり、お料理などスカイプで見せながら教えたりと、一昔前には考えられなかったことが普通にできるようになっています。

そして、子どもたちは「デジタルネイティブ」と呼ばれ、こうしたことが普通になってきているのです。

今の21歳の若者は、10,000時間電話で話し、
メールやメッセージを 250,000通やり取りしています。

1984年 インターネット接続端末台数は、1,000台でした。
1992年 には 100万台
2006年 には 6億台
2014年 には 61億8000万台に増えています。

私自身 ほんの20数年前、アメリカやイギリスにいる娘との連絡は、もっぱら手紙でした。時に電話をする事もありましたが、とに角 国際電話は目が飛び出るほど高額でした。

ほんの20年です。

2012年 新入社員の働く目的は、社会のために役立ちたい、経済的に豊かにかりたい、という目的を大きく引き離して「楽しい生活がしたい」がトップになっています。

若者たちは、やりがいを感じられる仕事をして、いかに自分らしく楽しく生きられるかが重視されています。

江戸時代末期の混乱を経て、明治政府は新たな国つくり中で、学校教育の整備に取りかかりました。かつての一貫性のない教育から、西欧の先進国を参考に基本的な制度を作ったと言われています。
この明治初期に作られたスタイルが、そのまま生き残っているのです。
100年間 先生が教壇に立ち、生徒に教える一方通行、知識詰め込み型の教育が続いてきました。

これほどの世の中の、世界の変化に対応できるはずがありません。

勿論この全てが悪いわけではありません。そのおかげで、一般民衆のほとんど全ての人々が文字を読めるようになり、計算が出来るようになりました。教育を一般大衆にも開放する!という点で確かに 成功しました、
しかし、今やそんな時代ではありません。
否が応でも、科学のスピートはアップし、いま、さらに加速しています。

お母さま方は、この事実を認識していますか?

10年後、20年後 子どもたちは何を学ぶのでしょうか?
10年後、20年後の為に、子ども達に何を読ませ、何をかかせたら良いでしょうか?

a0183245_23423864.jpg


こうしたことは、よその世界のことですか?あなたの子育てに関係ないことですか?
勿論そうではありません。

日本の教育改革は、地鳴りを上げながら進んでいるという人々がいます。
2018年、ついに日本でも本格的な世界標準の教育が始まるのです。

新たな時代を生き抜く力として、世界が注目する21世紀スキル。
それは、情報ツールを武器に、自ら考え、仲間とともに、よりよい答えを見出す力、と言われています。

デジタルネイティブと言われる世代には、すっかりITは水や電気と同じくらい欠かせないインフラになっているのです。

ただし、それがもろ刃の剣であることを、多くの親が知っています。子ども達に悪影響を与える情報や映像が溢れている事は間違いありません。たとえ有害な情報でなくても、あまりに多くの情報にアクセスできるために、誤った結論にたどり着く可能性も少なくありません。
だからこそ、自ら考え、判断する力が欠かせないのです。

情報ツールを武器に 自ら考え、仲間とともにより良い答えを見出す力、これが21世紀を生きるチカラだと言えます。

お気づきでしょうか?
21世紀スキルに たびたび出てくる「仲間とともに」は、今までの自分さえ良ければ、自分が勝つためには人を蹴落としてでも、と大きく違っているところです。

21世紀を幸せに生きるキーワードは、『仲間』です。
足を引っ張り合う仲間では無く、共に成長していける仲間です。

あなたのお子さんは、こうしたことが出来そうですか?
仲間になりたいと思ってもらえる、魅力を持ったお子さんですか?

知識を詰め込む前に、どうやら 心豊かな子どもに育てる事の方が大切だと感じませんか?
私達親は、いましっかりアンテナをはって、目を見開く必要があります。
なんだか楽しくない! 付いていけない!と言わないで!
嫌でも、確実にやってくる世界です。
こうした世界を生きる子ども達の為に、お母さん、がんばって!!

それではまた、お目にかかりましょう。

        参考;スキル・・・・物事を行うための能力や技能、資格 の事
          インフラ・・・「基盤」とか「構造」とかいう意味ですが、経済成長す                  るにあたっての元となるもの

Nakamura momoko
[PR]
by mgmomoko | 2014-10-09 23:43 | 教育