「 ニュース報道も子育ても似ていませんか?」
こんにちは、こんばんは。
「 ニュース報道も子育ても似ていませんか?」

小学生の頃、よく父親から「ニュースを見なさい」と言われてきました。でも、当時の私は、この言葉が嫌でした、だって、政治の話はよくわからないし、怖い事件ばかり報道されるからです。

中には、こんなことまでテレビで放送したら悪い人が逆に真似するかもしれないのに、と真剣に思ったものです。

ニュースは、どうして悪いことばかり報道するのでしょう?

現実に、悪いことばかり起きているんだから、それをそのまま報道するのは当たり前でしょ。と言われるかもしれませんが、良いこともいっぱい起こっているのになぜ?と思わずにはいられません。

人は、何事も自分にとってプラスに変えてきたから、進化した人間になってきたのです。 見かたが大切です。

病気でさえもプラスに考える事で良くなっていくと言います。だから何でもプラスの方向に変える事が大事なのだと思います。

子育ても、子どもを悪い方に認めたのではますます悪くなります。良いことを認めるという事が大切なのです。
この「認める」ということばは、もともと「目を止める」という意味があるそうですから、悪い方に目を止めたのでは本来の意味から外れてしまう気がします。

この世の中に、もともと「悪」は存在しない。これを逆から見れば、良いこともたくさんあるということです。すべての物事を、良いふうに見る、そういう教育をしなければいけないと思っています。

お見本になるべく大人が、良いことに「目を止める」必要を強く感じています。

今こそ、本当にそうしなければいけないと思います

a0183245_9123444.jpg


稲盛和夫さんの言葉です。「安易な道はたいていの場合、ゴールへ導いてくれないのです」 本当にそうなのでしょう。
子育ても、真剣に子どもに向き合えば向き合うほど、安易ではありませんからね。

今子育てに苦労しているお母さまに心からエールを送ります!!子育てが、安易でないと感じられていると言う事は、ゴールへの正しい道なのかもしれませんよ♪
それではまたお目にかかりましょう。

Nakamura  momoko
[PR]
by mgmomoko | 2013-01-19 09:12