男の子・女の子の育て方の違いについて
おはようございます。

先回に続き、男の子と女の子の育て方の違いについて、お話ししたいと思います。

既に何人ものお子さまを育てていらっしゃるお母さまは、ご存知の事もあろうかと思われますが、男の子は赤ちゃんの時から無駄泣きをあまりしません。「本当に良く寝て、この子は楽だわ~!」と感じられることでしょう。

けれど、これが大きな落とし穴になる事もあるようです。

「父親が育てた男の子は、頭が悪い」なんて世の男性諸君を敵に回すような発言はしたくないのですが、聞かれた方もあると思います。

何故なのでしょう。

父親の子育ては身の回りのお世話に終始し、母親のように感性豊かに語り続けることが少ないからだと言われています。
だから、「 父親は 」、と言う所を「 赤ちゃんの身の回りのお世話をしているだけの母親は 」と言い換えても同じ事だと思います。

医師で脳科学者でもある林先生の書籍「脳に悪い七つの習慣」にも、
”子どもの脳の発達過程を考えると、赤ちゃんのころに、お母さんがたくさん声をかけることが非常に重要です。”と書かれています。

たくさんの声をかけることは、感情を刺激し、生きていく上で一番必要とされる智恵を磨くことに繋がります。

智恵は、知識と感情の両方があって、始めて育つからです。

少し大きくなった男の子を叱る時には、女の子の1.5倍くらいで言わないと男の子には伝わりにくいと言う事が、脳科学的にも分かってきているようです。
大人の男性にも、遠まわしな言い方ではなく、ストレートに言わないと伝わり難い事がありますね。

赤ちゃんの時に、手のかからない男の子は、要注意!!と言う事を肝に命じて子育てに励んでくださいね!

次回こそ、「将来伸びる男性の特性・見分け方」をお話しします!
[PR]
# by mgmomoko | 2011-01-07 21:14 | 目に見えないもの
2011年 1月4日 ブログ始めました。
新年 明けましておめでとうございます。

39年間の教育現場での経験と、「なるほど納得の脳神経科学」の両面から、楽しく役立つ情報を多くの女性にお伝えしたいと考え、ブログを始めました。

1947年6月 戦後のベビーブームの中で生まれ、多感な10代の頃には、大阪万博・東京オリンピックと日本はまさに高度成長の真っ只中でした。実際 国や個人が、日に日に豊かさを増していく生活を、子ども心にも実感できる日々でした。

それと同時に、女性も社会に進出し すべてが自由!自由!と全く良い事尽くめとさえ感じられました。
さながら今の中国のようですね。

そんな中で生まれた私たちの子供が、現在の20代、30代の若きお母さま世代です。核家族の中、子ども達の意志を尊重し、一億総中流意識の中、皆大切に子育てしてきました。

しかし、色々な自由と引き換えに、
『子供を生むのも自由だけれど、もし子供を生むのなら、生んだあなたが責任持って育てなさい。』と、すべての責任までが経験の浅いお母さんの肩にのしかかってしまったのもその頃です。

子育ては、本当に一大事業です。健全に育児が出来る為には、本来多くの人のサポートが必要なのです。
多くの人のサポートを求めてOKなのですが、実際には一人ですべてを抱えこんで悩んでしまっているお母さま方がいっぱいです。

そこで、私momokoは、一大決心をして立ち上がりました。(笑)

若きお母さま方が、女性としても美しく、楽しく、子育てしていく為に 是非ともお役に立ちたいと心から願っているのです。もちろん、これからお母さんになられる方も、学生の方も大歓迎です。

楽しいお喋り、役立つ情報満載のコミュニティーで、ストレスや悩みを解消し、時には、数人で集まってお話やミニセミナーが開けたら楽しいですね。
是非 ご参加をお待ちしています。

今日は、先日の脳神経科学の講演の中から、男性の脳と女性の脳では、記憶の構造が全く違うというお話。

女性は、ピラミド型にそれぞれの事柄を記憶し、男性は道筋を追って記憶する。
その例え話です。:

ある若いカップルが、ディズニーランドに行って、楽しい1日を過ごしました。その帰り道、少し甘えるように彼女が彼に聞きました。
「きょう、何が一番楽しかった?」
「、、、、、、。」(即答できません)
この様子を見て、彼女は内心(彼 あんまり楽しくなかったのかしら)と悲しくなります。

でも、実はこれは記憶のメカニズムが男女で大きく違うからだけの事で、彼は、一番!と聞かれて今日一日の乗り物の順を追うのに暫し時間がかかっただけなのです。

この他にも、目の前の女性の変化に気付きにくく、デートの最中にでも、他の美しい女性に思わず見とれてしまう。などなど。

こうした事はすべて男女の脳の違いから来るもので、違いを知る事で、無駄に悩んだり悲しんだりする必要がなくなるのです。
最新脳神経科学も、身近な問題に置き換えると面白い事ばかりですね。

次回は、最新脳神経科学から見た、「将来伸びる男性の特性・条件」と「男の子と女の子の子育ての違い」についてお伝えします。

ご期待下さい!!
                           -マザーmomoko-
[PR]
# by mgmomoko | 2011-01-04 06:30