「子どもにもっと甘いものを!?」
こんにちは、こんばんは。
「子どもにもっと甘いものを!?」

最近 子どもには、甘い物はなるべく摂取させないことが良いことだと考えているお母さんは結構います。
しかし、発達期の子どもの脳には、糖分は必要不可欠のもの。

日本人は、砂糖の取り過ぎに必要以上に神経質、実は砂糖が足りていないと言っても過言ではない状況にあります。データによれば、欧米諸国の成人一人あたりの砂糖消費量は、一日40~70g、これが日本人になると厚生労働省発表で一日わずか7.1gと驚異的に少ないのです。

かといって、一度にまとめて取ってしまうと、肝臓は60gしか蓄えられないというグリコーゲンに貯蔵リミットがあるため、残りは体脂肪として蓄え、肥満への道をまっしぐらになります。
これが怖くて必要以上に糖分を控えさせてしまいます。

お相撲さんが、一日2食にして体脂肪を蓄えやすいようにしている事からも、一度にがっつり食べるのはいただけません。

子育てで一番大切なこととして、「早寝、早起き、朝ごはん」と言われ続けているのも、子どもの脳にとって特にブドウ糖が欠かせない為なのです。

脳は、通常ブドウ糖しか、エネルギー源として利用することが出来ません。ブドウ糖が切れると、脳は3分で死滅するとも言われます。手足の動きや感覚細胞は、一度死滅しても神経組織の再生が可能です。しかし、脳の組織はいったん死んでしまうと二度と生き返らないという恐ろしい特徴があるのです。だからと言って一日中食べ続けていることはできません。

a0183245_12494538.jpg


有り難いことに、人の身体は、実によくできていて食事を取れない間も糖を貯め、つくる事さえできるのです。
一日のうちで一番食べる事から遠ざかっているのが睡眠中です。肝臓にグリコーゲンと言う形で蓄えられているブドウ糖を、切り崩して使っているのです。

夜も働きものの脳は、夕食までにマックス貯め込んだブドウ糖ですら、翌朝には肝臓に貯め込んだグリコーゲンも空っぽになってしまっています。
だから、朝ごはんが大切なのです!


朝の忙しい中での朝食は、パンが簡単と、子どもの喜ぶ菓子パンを食べさせたりする事もあると思いますが、パンの原料は、小麦にふくまれるグルテンと呼ばれるもので、このグルテンは、必須アミノ酸の含有量が非常に少ないのです。
パンの場合でしたら、肉や卵と一緒に食べてこそ理想的な朝食になります。

ご飯のアミノ酸バランスは、パンよりはるかに優れていて、鮭入りのおにぎりだけ食べたとしても、トースト一枚かじって出かけるよりも、栄養面では勝っています。
小さな子どもや、大工さんが10時と3時におやつを取るのも理にかなっていますね。

朝食をきちっと食べる子どもと、朝食を抜きがちな子どもの学力を比較すると、どのデータをみても、「朝食抜き派」は完敗といえます。

テストの結果を叱るより、先ずは 朝食をしっかり食べさせ「早寝、早起き、朝ごはん」の育児を最優先で実践しましょう。

それではまた、お目にかかりましょうね。

前回の「3歳までに断念する力をつけさせましょう」という内容のブログで、愛情よりも我慢させることが優先してしまうのではないかと心配される方からの、有難いコメントを頂きました。小さな赤ちゃんを溺愛し過ぎないように、「愛情」と等しく「断念する力」も少しずつつけて行きましょう。ということをお伝えしたく書きました。

Nakamura momoko
[PR]
# by mgmomoko | 2015-01-12 12:49 | 脳科学
「日本の育児法、これでいいの?いま幼稚園、小学校で問題行動を起こす子が多いのはなぜ?」
こんにちは、こんばんは。
「日本の育児法、これでいいの?」
    「いま幼稚園、小学校で問題行動を起こす子が多いのはなぜ?」


年の始めに、再度どうしてもお伝えしたいことがあります。

日本の育児法は、世界のどこにも例を見ないほど、子どもに手厚く奉仕し、サービスする育児法になっています。

「三歳児神話」のブログに書きましたが、聞きわけのよい子どもに育てたかったら、眼窩前頭域の発達が必要不可欠です。
この眼窩前頭域(前頭前野のすぐ下)の発達が脆弱だと、感情をコントロールできない、俗にいうダメな人になってしまいます。


眼窩前頭域の発達の必要条件は、『親の愛情関係の形成』 ともう一つ重要な条件として、『自己抑制力』 としての重要な働きがあるのです。こうした発達を促すために、常に抑制的な刺激を与えるトレーニングが必要不可欠になります。

こうしたトレーニングが十分に行われないと、不要なものとして早期に「刈り込み」によって消滅してしまうのです。 この時期が大体3歳と言われています。

a0183245_13113712.jpg


乳幼児期に必要な抑制刺激は、当然虐待にならないレベルであることは言うまでもありません。日常の中で「親のサービスを、赤ちゃんが要求するままに無制限に与えてはいけない」そのレベルなのです。

大切なことは、「育児の主導権を親たちが持つ」ということです。0歳の時期から日常的にこうしたトレーニングを繰り返すことで、欲求不満を残すことなく(赤ちゃんの記憶力は短くすぐに忘れてしまうので、性格に悪い影響があるのでは、などと考える必要はないようです) 赤ちゃんの脳の中の「自己抑制システム」の発達を促進させることができます。

将来忍耐力のあるストレスに強い子どもの心の準備ができるのです。

こうした事が、将来、人間になるために欠かすことのできない、さらに重要な(知識、学力などを含む)トレーニングの受け入れを可能にする大切な方法なのです。

人間形成の成功、不成功をにぎる鍵は、自己抑制力であること、そして、コミュニケーション能力があることです。どんなに頭がよくて学力が優秀でも、この能力に欠けると人間としての資質の向上が望めないからです。


立派な大学教授が、悪い事だとわかっていても盗撮をやめられないのも眼窩前頭資質の発達が脆弱だったのが理由かもしれません。

子どもの欲求を容れることは大事ですが、幼児の欲求は自己抑制力がきかない為に、際限なく増大します。

不当な要求や過大な要求は、早い時期に必ず「断念させる」というこの凛とした親の態度があってこそ、これが将来 思いやりがあって、優しく、忍耐強く、挫折に強い子に育ち、
成長して、互いのコミュニケーション能力を持ち、善悪の判断力を持ち、社会性を身につけ、共に共感する能力を持ち、思いやりの気持ちを持ち、理性の力で自分の感情を抑える事ができるようになるのです。

その結果、無気力にならず、好奇心、努力、やる気、挫折に強い忍耐力を手にするのです。
これこそ、多くのお母さま方が望む理想の子ども像ですね。

                       
「断念」の心を養うと言っても、育児に手抜きを進める訳ではありません。抱っこも、おっぱいも、おんぶも、添い寝も、それが必要だと感じるなら、それはそれで良いのです。
このトレーニングは、特に自己抑制のきかない乳児期に重要です。どこでストップをかけるか、それは、親たちがそれぞれ自分で判断して決める事です。

その時赤ちゃんは、激しく泣くかもしれません。でも、それによって赤ちゃんが欲求不満になることはないのです。早い時期から赤ちゃんの心の中に少しだけ育てておかなければ、魔の2歳児になってから、さんざん苦労させられるのは親たちなのです。

経験則からみても、生後早い時期から始める程に乳児はよく適応します。1歳を過ぎてからでは、少し苦労するかもしれませんが3歳までに「断念」の芽をつくりましょう。
3歳までは、知識が最優先しなくてよいのは、この為です。

 無駄な欲求をあきらめさせたいのなら、
       親も、無視をすればいい。
       子どもは泣きながら我慢することを覚え、断念するでしょう。


若いお母さん、お父さん、がんばって!

それではまたお目にかかりましょうね。

Nakamura momoko
[PR]
# by mgmomoko | 2015-01-08 13:11
「幸せって、なに?」
こんにちは、こんばんは。
「幸せって、なに?」

今年もあとわずか。
来年こそ、幸せな年にしたい!とほとんどの人たちが願っている事でしょう。
ここで、ちょっと考えてみたいのですが、
人の幸せって,なに?
もう少し、パートナーが優しかったら、もう少し、お金があったら、もう少し、頭が良かったら、とどうやらきりがなさそうです。

他人から見たら十分な財産があるのに、この財産が目減りしたらどうしよう、人に騙されたら、盗られたらと心配の種が尽きないお金持ちもいます。

健康、仕事、結婚などなど、何かに頼らなければ得られない幸せは、けっして本当の幸せではなさそうです。多くの人々は、「幸せになるための環境作りに 努力している」のです。
ずっと戦っていると、疲れちゃいますね。

a0183245_845450.jpg



それでも、はたから見て どうにもすべてに恵まれた人もいれば、神さまは不公平と思われる程 恵まれない人もいます。何が違うのでしょう。
あなたは、人が何度となく生まれ変わっていると思いますか?それとも、人は灰になって終わりだと?
もし、素晴らしい才能のある人が、それまでの過去の経験から培ってきた努力の賜物だとしたら?それも、生まれるずっと前からの経験です。

ベートーベンは、4歳にして父親の弾くピアノの曲を真似て弾けたと言います。父親は、ベートーベンがピアノをおもちゃにしたいのだろうと思ったのですが、初めてピアノに触れたその時、ベートーベンは、今まで父親の弾いていた曲を弾いたというのです。それを見て 父親は「この子は天才だ!」と叫んだそうですが、すべての子供に出来る訳ではもちろんありません。
これって、何を意味しているのでしょう。

戦争を体験してきた人々が、焼失したり盗られたりすることのない経験や教育などに重きを置いたのと同じ、魂も経験してきた素質を受け継ぐとしたら?
生まれ変わって、すべての記憶が無くなったとしても それまで経験してきたものは、受け継がれている、としたら?

だからと言って、経験を積むことを目標に努力したり、技術を磨くことを目標にするのは、ちょっと違うと思います。
よりよい環境を望むこと、よりよい環境をつくろうと努力することは、決して悪いことではありませんが、それと幸福とは別の話。

結果では無く,過程が大切、
よく宇宙は、または 神さまは、[あなたの想いをそのまま反映する!と言われています。これは、よりよい環境をつくろうとすればするほど、「良い環境にない私」をもれなく体験させて頂くことになる!ということでもあります。
未来は今日の続き、未来ばかりに気を取られていたのでは、目の前にぶらさげられた人参を追う馬と一緒。
キーワードは、「いまを楽しむこと」
でも、真面目な人ほど「楽しむことに努力してしまう」かもしれません。これでは、本末転倒。「楽しむって、難しいなあ~、」ってことにもなりかねません。


それぞれの人には、得手不得手があるものです。ある程度の努力は必要としても、不得手なもので勝負しようとすると、生半可なストレスではありません。
これって、好きかも、だけでも十分です。好きかも、と思えることを探してみましょう。

勉強の得意な子どもは、「自分の知識が向上することが嬉しい、知らなかったことを知ることが面白い」と思える子どもですし、
勉強が嫌いな子どもは、「何か他に好きなことをしたいのに、それを邪魔する勉強」「結果が悪いと、もれなく叱られる勉強」と思っている可能性があります。
本来、人間の三大本能の一つに「知りたい!」という強い欲求があるのです。これを上手に刺激していけたらしめたものです。

考えてみると簡単な話です。
「幸せな人は、よいと思う事に関心を寄せている人」
「幸せに感じられない人は、自分だけが勝つこと、あの人が悪いと思ったり、このことが悪いと、悪いことに関心を寄せている人」は、これが習慣になって「悪いこと」をとらえる能力が向上してしまうという結果になります。
悪いと思う事に関心を寄せていると、「悪いと思う事を引き寄せている」ことになります。
よく言う引き寄せの法則でしょうか?「思考は現実化する!」ですね。

一年の計は、今この瞬間にあり!!

それでは、素晴らしい今日をお過ごしくださいね。

またお目にかかりましょう。

Nakamura momoko
[PR]
# by mgmomoko | 2014-12-23 08:45
「小学校受験をするということ」
こんにちは、こんばんは。
「小学校受験をするということ」

昨日は、最も人気の高い小学校の一次試験の合格発表の日でした。
長い一日でした。
朝、気持ちを清く、軽やかにして、ご父兄からの電話連絡を待ちます。通知は速達配達ですから、エリアによって配達時間が違います。

第一報のお電話は、女の子のお母さまから、“先生、合格しました!”と嬉しいご連絡でした。もちろん、二次のご両親と本人の面接が通らなければ、本当の合格にはなりませんが、まず、一次を通過しなくては次もありません。

スクールとして、多くの喜びのお電話がありましたことに感謝しています。長く通ってくださった方、お兄ちゃんお姉ちゃんが既に小学校に通われている方は、全員一次を通過できました。ほっ。。

小学校受験は、合格すれば特別何かない限り、小学校・中学校・高校・大学と保証されるので、親にとってかなり大きな出来事といえます。

今年は、試験の内容に少し変化がありました。
一言でいえば、試験内容のレベルが上がった、と言う事かも知れません。
たとえば、プラスチックのお箸で、お豆を持たせたり、鉄棒は逆上がりなどが新たに入りました。

幼児さんで逆上がり、プラスチックのお箸で豆つかみ、2分間での色ぬり などなど、そのレベルまで要求しますか?と感じました。

スクールの子ども達の大半は、前周りまではできたものの逆上がりが出来なかった生徒がほとんどでした。もちろん、緊張の中 すべりやすい箸での豆つかみにも成功しなかったようです。

しかし、結果としては、一次試験にほとんど合格しました。

学校側はどこまで出来るのかを試してみたのかもしれませんが、こうしたことを試験に入れることで、来年度の受験生には、逆上がりまで求めるようになり、さらに 色々なことがエスカレートしていくことでしょう。

即 体操教室に通う、と言う事ではなく、お父さまが公園で子どもに逆上がりを教えたりするのなら、それは、なかなかよい光景です。

高い合格実績を積んできた当スクールですが、もっとも大切にしている事は、“小学生になってスムーズに学習に入っていける力“であって、先取をして、頭でっかちの子どもを育てるものではない、と言う事です。

子どもの身長程の高さまでプリント学習をさせる所も多々ありますが、それでは、小学校に入ったとき、既に疲れ果て、燃え尽きてしまっています。

a0183245_121152.jpg


「小学校受験は、親の受験」とも言われているのは、食事を含めた生活態度、夫婦関係、親子関係が子どもに反映してくるからなのです。朝食は菓子パン、夜はインスタントっぽい物なのに、もし、朝ごはんは何を食べて来ましたか?と聞かれたら「お味噌汁にお魚と卵焼き、、、、。」と答えるよう訓練しては、最後には、子どもは何も答えられなくなってしまいます。
実際、こうした質問はよくされます。

かといって、日々の生活をきちっとすることは、そんなに生易しいことではありません。

受験を終えられたご夫婦が、「受験があったからこそ、夫婦で子どもについて話し合ったり、夫婦が真剣に向き合えました、こんなことでもなければ、忙しさにかまけて本当に向き合う事もなかったでしょう。結果はともかく、本当に小学校受験をして良かったと思っています。」
と仰っていただくと、心底 良かったぁ。。。と思います。

多くのご家庭に、素晴らしい時間が流れますように。

それではまた、お目にかかりましょうね。

Nakamura momoko



[PR]
# by mgmomoko | 2014-11-29 12:09 | 教育
「センター試験廃止、その後の到達度テストの中身は?」
こんにちは、こんばんは。
「センター試験廃止、その後の到達度テストの中身は?」

現在中学3年生以下のお子さまをお持ちのお母さま必見です。

2018年にセンター試験廃止は、すでにご存じの方も多いかと思いますが、実際のところどうなるのか、文部科学大臣の下村博文さんのコメントも含めて検証してみましょう。

ガラケーならぬガラパゴス教育と言われている現教育法が、やっと変わる模様です。
到達度テストには、「基礎テスト」と「発展テスト」という二つがあり、それぞれの方向性が示されています。

「基礎テスト」は、おもに高校での学習到達度を把握するもので、大学の入学資格とはなりません。では、「発展テスト」とは?

「発展テスト」は、主に各大学が求める学力の判定に使用される、いわば大学の受験資格的な側面を持ちます。

しかし、これは今までの一発勝負、一点差で合否が決まる試験とは違い、面接や論文、奉仕活動や課外活動の実績評価も加わり、明確な学力も含む多面的な要因で合否を決める仕組みに移行することを意図しているようです。

こうした事への対応は、大学ばかりではありません。中学・小学校の教育現場にも変化が求められることは必至です。

これまでは、答えのある知識だけを指導していればよかったものが、生徒自ら考え、答えを探していくという能動的(自分から他に働きかける力)で主体性のある授業を提供していかなければなりません。

つまり、多くの教育現場において、授業のあり方を大きく変えていく必要があるということです。
現行の試験対策ありきの授業では立ち行かなくなるのは目に見えています。
こうした背景には、「グローバルな知識経済社会」へのシフトがあるでしょう。

文部科学省が、現在特に力を入れているのが「国際バカロレア」です。耳慣れないかたも多いかと思いますが、文部科学大臣が、はっきりと導入を公言しています。(文部科学省HPでも見て頂くことが出来ます。)
2013年、切り札となる新たなプログラムの導入が「国際バカロレア」です。これは、いわば、世界標準の教育プログラムです。
文部科学大臣の下村 博文さんが、2018年までに200校の国際バカロレア認定校をつくる!と公言されています。

国際バカロレアが掲げる教育理念とは。
「全人教育」すなわち、思考力・表現力に重点を置いた高い知的水準の達成、異文化に対する理解と尊重を通じ、より良い平和な世界の創造のため、探究心旺盛で、聡明かつ思いやりのある若者を育成する。

“異文化に対する理解と尊重“の中には、自国の文化に対する理解と尊重が欠かせません。
すべて外国に目を向けるということではなく、日本人としての誇りも大切に育てていくことは言うまでもありません。


この国際バカロレア(IB)は、大きく3つに分かれています。
PYPは3歳から12歳 日本で言う幼稚園から小学校コース
MYPは、中学校相当コース
DPは、高校相当コース です。

ローレンシャンスクールでは、PYP認定に向けて既に動き始めています。スクール中村校長が今年1月には、フランスへ視察、3月には東京で研修を受け、9月にはスクールスタッフも含め大阪に3日間に渡る研修に行って参りました。

受講した感想は、
プログラム(ユニット)一つ一つについては、既にスクールでも実施しているものも多くありましたが、問いかけ、導き方の点で 指導者の力量が大変問われるものであることを、再確認しました。
・なぜそうなるの?
・どう変わっていくの?
・わたしたちは、どうわかったの?
・わたしたちは、なにをすべき?  
などなどユニットによってさまざまな問いかけがあります。

一方的に教師の授業を受ける 今までの受け身の日本の教育の中で、一番不足してきたことでしょう。

親である私達も、アンテナを高く、広くもって、今 目の前の子ども達に、何をさせたらよいのか、何を覚えさせ、何はそんなに必要ないのか、を考えてみる必要を感じます。

a0183245_10254626.jpg


こうしたプログラムに理解、賛同して下さっているご父兄が多くいらっしゃることは、スクールにとって、本当に宝です。
2018年、あなたのお子さんは何才になっていますか?

それではまた、お目にかかりましょう。
Nakamura momoko 
[PR]
# by mgmomoko | 2014-11-28 10:25