<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
この時期迷う、幼稚園・保育園選びについて
こんにちは、こんばんは。
「この時期迷う、幼稚園・保育園選びについて」

子どもの脳にとって良い幼稚園・保育園とは、どんな幼稚園・保育園なのでしょうか!

脳の基礎がつくられる「臨界期」は、多くの場合 小学校入学前に終わってしまいます。
臨界期という視点だけをもってすれば、小学校はまだしも、中学・高校・大学もあまり関係ないともいえます。

そこでどんな経験をし、どんな友達や教師と出会い、何を学ぶかは、もちろんその子の人生にとって大事な財産になりますが、こと脳の基礎という意味では、幼稚園・保育園の選択の方がずっと大事だといえます。

幼稚園の場合は、それぞれの運営者が考える教育方針に基づいて、さまざまな保育形態がとられています。

大きく分けて、プレスクール的な一斉保育形態と個々の園児に応じて目標を立てる自由保育形態、その中間に位置するような保育形態もあるでしょう。

園によっては英語や漢字や算数まで、一斉に教えてくれる所もあります。

3~4歳から6歳というのは、その子の個性以前に、心身の成長に非常にバラつきがある年頃です。
それこそ学校で一律な教育を受けるには早すぎるから、彼ら・彼女らはまだ学校
に行っていないわけで、バラつきはあって当然ということをよく理解した幼稚園・保育園を選ぶことです。

特に就学以前において、子ども側の受け入れ態勢を無視した詰め込み教育は、決して脳にとって良い「刺激」や「経験」や「環境」とは言えず、いくら臨界期の柔らかい脳といっても、親の欲目から いたずらに刺激を与え過ぎたり、ああしろ、こうしろと無理強いが過ぎるのでは感心しません。

英語や漢字をいくつ覚えたからといって、その子の脳が「育った」ことにはなりません。目先の成果は成果として、子どもを褒めてあげることも大切ですが、親がその成果に踊らされ、さらに成果を求めるようになっては、子ども本来が持っている「知りたい!」「やりたい!」という本来の意欲自身も無くなってしまいます。

目に見える成果の分りやすい英語や漢字や算数を一斉授業で教えてくれ、お弁当ではなく給食にし、送迎バスを出し、親たちの負担をいかに減らすかは、幼稚園側にしてみれば、この少子化時代を生き残るための経営戦略だったりもします。

小学校に入ったら、自分の机にきちんと座り、みんなで同じ授業を抵抗なく学べる準備を、一斉保育ではしていると言えます。

ちなみに、新しい教育改革の一環として、100年前から続く 今の一斉授業の形態がいつまで続くかは疑問ですが。(教育成果を大きくあげている諸外国では、とうに一斉授業をしていません)


自由保育形態では、他人との比較に囚われず、のびのびと遊ぶことで、自分という存在に関する基本的な自信を身に付ける事ができます。

一方、より多くの脳回路を作るという点では、一斉保育の方に軍配が上がりそうですが、劣等感や疎外感など、「マイナスの回路」までつくられてしまう可能性があるとすれば、その子なりのペースで達成感や自信を身につけられる自由保育の方に分があるといえます。

その辺りは親たちの好みもありますが、基本的には我が子の向き・不向きや、オクテか早熟かを見極める事が大切です。

その子なりの成長を保育者と親とが共に見守り、情報交換の機会を日常的に持つためには、 当然ながら保育者一人当たりが担当する園児も少人数になってきます。

そのどちらの場合にしても、保育や教育の、本当のプロがいる幼稚園・保育園を選ぶことが重要です。

親の希望だけでなく、我が子の成長度合いを良く見て選択して頂けたらと願っています。

それではまた、お目にかかりましょうね!

Nakamura momoko
[PR]
by mgmomoko | 2014-09-14 10:27 | 教育
「あなたは20年後の未来を予測する教育を、我が子にしていますか?」
こんにちは、こんばんは。
「あなたは20年後の未来を予測する教育を、我が子にしていますか?」

「関係ありません!」とか 「難しそう!」と言わず 大切な我が子のために、どうぞ耳を傾けて下さい。

現在、若者を中心に、求める豊かさの質も 明らかに今までとは変わってきています。

2000年以降、「楽しい生活をしたい」という若者は、約40%に迫る勢いです。一方
かつては30%もあった「経済的に豊かな生活を送りたい」は低下傾向です。

また、注目に値するのは、「社会の為に役立ちたい」と考える割合が増えてきています。
その割合は、2000年頃から徐々に上昇し、現在では5%から15%まで伸びてきています。
「世の中を判っとらん!」という大人たちに比べ、若者の方が、本質を見ているのかもしれませんね。

a0183245_12304759.jpg


さて、ここで日本のGDPに対する教育投資額を見てみましょう。

世界34カ国が加盟するOECD諸国の中で最低レベルです。にも関わらずOECDが3年ごとに行うPISA(国際学習到達度調査)において日本は5~6位を獲得しておりますが、それはなぜ?

公教育だけでは無く、別のお財布、つまり「親のお財布」から積極的に投資が行われているからなのです。

よい大学に行きたいと思えば、大学の試験に受かるための勉強をしなければならない、というのが実態です。

そこには、大学受験にパスすれば、後は積極的に勉強しなくても、右肩上がりの経済に守られ、一生安泰に暮らせるという大前提がそこにあったのです。

しかし、そんな時代は残念ながら とうに終わりました。

私たちが詰め込んできた知識は、手元のスマートフォンで、グーグルにアクセスすれば、瞬時に手に入るようになり、確実にその価値は低減しています。

さらに10年、20年の未来を見渡せば、もはや私たちが予測し得る世界ではなくなっているでしょう。
ある調査によれば、現在ある職業の4割が未来なくなるであろう。と言われています。
親の生きてきた方法と同じ方法を、子どもに取らせていては大変なことになりかねません。


私達親に求められているのは、「いま、この瞬間の社会を見て、教育システムの在り方を決めてはいけない」という事です。

21世紀に入り、大量生産大量消費の時代から、グローバルに通用する独創的な知識を基礎とした知識経済社会システムへの移行がすでに始まっています。
日本の低成長は、このグローバルな知識経済社会システムへの移行がうまく進んでいないことが一つの要因であるとも言われています。

更に言えば、100年以上もの間、教育のスタイルが変わらなかったことによって、新しい時代に対応できる人材を作れなかった!ことに問題があると考えられています。

20年後の未来に必要な人材を、100年前と同じ教育システムで育てることが出来るとは到底思えません。

これからの教育は、知識を詰め込むだけでは駄目です。
自ら考えることなく、受動的に知識を吸収するだけの詰め込み型の授業では、20年後を生き抜く子どもを育てることはできません。

私達親は、いま、私達を取り巻く世界に主体的にコミットすることが重要です。(決してゆでガエルになってはいけません)

今回の新しい内閣のなか、下村博文 文部科学大臣が留任されました。大きな理由として、現在取り組んでいる教育再生事業を、推し進めていく為とのコメントがありました。

教育再生授業の一つとして、2018年をめどにセンター試験が廃止されます。教育再生事業の目玉として、「自分の力で考え、発信する能力、更には異文化理解の前提として、自国の文化への理解を深め、アイデンティティを確立するなどは、グローバル人材に求められる素養・能力そのものと言えます。」  
 下村文部科学大臣からのメッセージより抜粋
下村文部科学大臣留任からも、教育再生事業への 国の本腰さを感じます。

グローバル=英語力 だけのことではありません。

      アイデンティティ・・・「あるものがそれとして存在すること」、またそうし認                  識をさします。
                  「人が時や場面を越えて一個の人格として 存在し、                   自己を自己として確信する自我の統一を持っている                  こと」と説明され、「本質的自己規定」をさします。

それではまた、お目にかかりましょうね。
Nakamura momoko
[PR]
by mgmomoko | 2014-09-04 12:32 | 教育