<   2014年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
「子どもが受けるスマホの恐るべき影響」
こんにちは、こんばんは。
「子どもが受けるスマホの恐るべき影響」

これまで、テレビやパソコンや携帯が,親と子の触れ合いを 著しく弱めるものとして指摘されてきましたが、スマートフォンは、どうやら、それらをはるかにしのぐもののようです。

スマートフォンの一番の特徴は、乳幼児の子どもが自分で扱えるということです。簡単な操作で瞬間的に映像と音声が出てくるものに、小さい子どもが惹きつけられるのは当然と言えば当然です。
乳幼児期からスマートフォンに接していて、どのような弊害があるかは未知ですが、乳幼児期から過剰にテレビに接してきた子ども達のことは、分っています。

・言葉の力が弱い。
・集中力を欠く
・短絡的(深く考えることなしに,性急に二つの事柄を関連づけてしまうさま)
・攻撃的
・情感に乏しい
・創造力に欠ける
・思考力に欠ける
・社会性に乏しい
・視力への影響
など。

スマートフォンは、それを一層助長するものとして考えられています。

既に、現在においても電子メディア中毒が社会問題になっています。スマートフォンなどの電子メディアが、常に手元にないと落ち着かない、という大人や青少年は珍しくありません。

幼い時から電子メディアからできるだけ離れて育った人たちは、電子メディアに客観的に接し、道具として使う事が出来る傾向がある、とも言われています。

現代は、子どもを育てるのに難しい時代になったと感じます。
赤ちゃんがむずがって泣いたり、幼い子が少しばかり聞き訳が無くて騒いでも、それを子育ての一環として寛容に見てくれる社会背景がありません。

スマートフォンを与えていれば、静かにしてくれて、周りにも迷惑をかけないで済むということもあるでしょう。そのような、やむを得ないときがあるにしても、それでも、スマートフォンのかわりに絵本を持ったり、手近なもので注意をそらしたり、そんな努力をしながら、この時を乗り切って欲しいと願っています。

a0183245_16525177.jpg


日本小児科医会は、すでに2004年「子どもとメディア」の問題に対する提言を発表しています。2013年には、NHKニュースでも日本小児科医会が乳幼児とスマホについての警告をしている旨の報道がありました。

一見便利なものほど注意が必要!

今の世の中、そんな時代遅れなことを言っていては、社会について行けないよ、小さい時からメディアに慣れさせておかないと、とあなたは本当に思っていますか?
色々な組織・情動が、驚異的なスピードで成長する乳幼児期は、大人の数倍に及ぶ悪影響も受けてしまいます。

簡単なことではありませんが、優しい子育てを心がけましょう!

それではまた お目にかかりましょうね

Nakamura Momoko
[PR]
by mgmomoko | 2014-08-17 16:53 | 教育
「子育て中のお母さま方にとって、一番の恐怖は」
こんにちは、こんばんは。

子育て中のお母さま方にとって、一番の恐怖は
『もう出遅れです!』と言われてしまう事ではないでしょうか。

この恐怖の為に、子供のお勉強やお稽古ごとにたいして 不安でいっぱいになったりします。。


幼児期のお子さんのいる家庭には、“お話も、お勉強も“のキャッチフレーズのもと、月刊雑誌と教材のセットなどの勧誘が盛んに行われているようです。これは、幼稚園や保育園を通して購入する廉価の月間絵本についても同じです。

お母さまにとって“お勉強も”に魅力を感じているのが本音かもしれません。

「小学校へあがって人並みにやっていけるように」という親の気持ちが分らないわけではありませんが、「早くに走り出せば、それだけ多くの実りが得られる」と言うほど、人間は単純にはできていません。

子どもの人としての自然な成長にそぐわない、人工的で非科学的な“教育”は実を結ばないばかりか、いずれ、なんらかの「ひずみ」となって、子ども自身に現れる恐れがあります。

この年齢の子どもは、“ペーパー型のお勉強”をする時期ではありません。
そうではなくて、近い将来、勉強が出来るようになるための土壌を、深く耕していく時期なのです。
耕されていない大地に種をまいたところで、力強い苗は育ちません。
子どもは今を生きる人、今を存分に、子供らしく生きることが未来に繋がっているのです。

土壌を深く耕すと、結果として いくつもの恵みをもたらします。
・ことばの力
・考える力
・集中して聞く力
・想像力
・知的好奇心など

a0183245_1873917.jpg



お家で絵本をよく読んでもらってきたんだね、とわかるお子さんが時にいますが こうした子は、先生の話をまるで吸い取るように聞いています。もちろん、学習をはじめ、全般にわたって、まず心配のない子です。

スマートフォンを子どものおもちゃ代わりにするのはもとより、子どもの前では、できるだけテレビも消してみませんか?そうすることで、きっと、子どもの新しい出会いがあるはずです。
おしゃべり、お絵描き、折り紙、あやとり、散歩、お手伝いなどなど。

どうぞ、家庭に静かな時間を取り戻してください。赤ちゃんがいればなおさら、赤ちゃんが目覚めている間は、テレビなどの人工の音は消し、人工の音から赤ちゃんを守りましょう。

テレビの害は、まず音です。家族がテレビを見る時も音量をさげるかイヤホンがお勧めです。
静けさの中から聞こえてくる、お母さんの立ち働く音、風のそよぎ、街のざわめきなどに耳をそばだて、人と世界に繋がろうとしています。
                  参考資料: 童話館グループ 川端 強氏

焦らないで、さりげなく

それではまた お目にかかりましょうね。

Nakamura momoko
[PR]
by mgmomoko | 2014-08-09 18:04 | 教育