<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
「いろいろ気付きの多かった神々の島への旅行記です」
こんにちは、こんばんは。
「いろいろ気付きの多かった神々の島への旅行記です」

6月下旬、梅雨最中の日本を離れ、神々の島へ行ってきました。
実は、今回で5~6回目ですが、今までの観光旅行とはちょっと違った旅になりました。

2か月ほど前から乾季の季節を迎え、1年の中で最も気持ち良いシーズンです。ホテルに着くとすぐに、年老いていますが立派な猿が目の前に姿を現し、じっとこちらを見ています。「ここでの滞在を許可する!」と言われたようにも感じました。(笑)

a0183245_18381182.jpg


ホテルは2年前に大改装をしたばかり、パンフレットに載っているデラックスオーシャンビューのお部屋に、南国のフルーツと真紅のバラが出迎えてくれました。
空港からホテルに向かう道すがら、95%が日本車であることに気付きました。実は、昨年ドバイに行った際にも90%以上が日本車でした。その60%はトヨタでしたが、ここでは、スズキ・ニッサン・三菱・トヨタ・などなど日本のありとあらゆる車種が均等?に走っています。
日本は、本当に車に関して凄いですね。

2日目は、お決まりのバリマッサージを受け、夕方には、構造的にも建築的にも神業のような造りの当ホテルの目玉でもあるロックバーでディナー。高い崖からリフトで降ります。
ホテルからの眺望で世界一を取っただけあって、一見の価値ありでした。ここでのサンセットは、ツアーにもなっているようですが、宿泊客はちょっと優遇されています。

インド洋を360度見渡せる壮大なパノラマが広がる、世界中でも類を見ないといわれるロケーション。そこで水平線に沈む太陽を眺めると、人工的ないかなるものも及ばない天体ショーを垣間見ることができます。
ほんの少しアルコールも入り、時々大波の潮ふぶきをかぶり、う~ん、最高に贅沢な気分です。

明日は2時起床 3時にお迎えのツアーに参加します。
夜8時半には眠りにつきました。zzzz……

目覚まし時計で2時に起きましたが、爽快な気分でした。改めて早い時間の睡眠が大切なんだと気付かされました。
ホテルでお弁当を頂き、出発。途中ガイドの方が神さまへのお供えを買って来ますと言われ止まった所は、午前3時少し過ぎ まだ辺りは真っ暗でしたが多くの人々で賑わっています。本当に信仰深い人々です。
かごに盛られた色とりどりのお花には、それぞれ意味があり、お花を耳の横に差す順番も決まっています。このお花のかご、時々地面に置いてあったりしますが、これは地場の悪霊を鎮めるためのもの。

2時間の移動とのことで、やはり睡魔が襲ってきて、ほとんど意識がありませんでした。

標高3000mの富士さんにそっくりの神山を右に見て、ご来光を見る!というものでしたが、雲が厚く重なりわずか雲間からの太陽らしき明かりを見ましたが、これがまた神聖な雰囲気をもたらし、思わずこうべを垂れました。
カーッと明るい日の出も勿論良いですが、自然林の中 濡れた草草に囲まれてのご来光?は格別でした。

ここから今度は神山の寺院、ランプヤン寺院に。
ここは、最高神の光がさす聖地と言われていますが、スコールと鉢合わせになり色々なレクチャーは、雨こそ避ける事ができますが雨の細かいしぶきに当たりながらのお祈りになりました。

下半身は不浄なものとされ腰巻のようなものを男女問わず巻いて寺院にはいります。その上から上半身と下半身の結界となる 美しい帯を巻きます。

かっと太陽が差しているのも良いでしょうが、こうした降りしきる雨の中もまた神聖な気分になります。
村から降りる途中に、赤い制服の子供達が通りを通る車などを見て、何やらはしゃいでいます。聞けば、小学校とのこと。
しばらく走るとまた、今度はきれいなブルーの制服姿の子供たちが、何が可笑しいのか無邪気に大笑いしています。
授業は、公用語ですが,放課後や遊びでは 子供たちは地域の言葉で話すそうで、これだけでも、3ヶ国語を操ることになり、高校ではフランス語、スペイン語、日本語などから選択するので、4ヶ国語が話せる人も珍しくないようです。最近では 中国からの観光客も多いので、もしかすると北京語も入るようになるかもしれません。

この点も、1言語だけで育ってしまう日本の子供たちとは大きく違い、日本人にとって他言語が苦手な訳もこんな所にあるのかもしれません。

政府はいま人口の増加を懸念して、二人っ子政策をだしたとか。町に住む夫婦は、便利な暮らしだけれど全てお金がかるので 子供をあまり産みません。田舎暮らしでは、兎に角お腹いっぱい食べることはできるから、子どもの数も多いのだそうです。

そういえば、最初のガイドさんに 朝食は普通何を食べるのですか?と聞くと、たいていは芋ですと、大きな身体をちょっとすくめ 恥ずかしそうに話してくれたのが可愛らしくもありました。

ガイドの方の話だと、田舎は殆どの人が自給自足、時に取れた作物を朝市に出して他のものと交換したりして暮らしいる、にわとりも自由に山を歩き回り、当然、山の中の好きなところで卵を産むのですが、どこの誰の鶏か、誰の鶏の卵かなんて気にしている人はいないのだそうです。
この島では、人口の8割以上が観光に関する仕事に従事しているため 仕事の面接は英語、そのため、今では小学校2年生から英語が必須だそうです。
ガイドの方は、とても上手な日本語でしたが、高校で日本語を選択したからと、話せるのは当たり前、といった様子でした。

その後、海岸で偉~いヨガの先生のレッスンを1時間ほど受けました。「ヨガは頭(心)を中心にしたもの、体操は身体を動かす時、何を考えていても構わないけれど、ヨガは頭(心)が大事、身体の全ての命令は、頭から出ているからね!」と話されました。
このヨガ、チャクラを開くと伺いましたが、さてはてクラウンチャクラは開いたでしょうか?

夜は、ホテル内のキシック・バー・アンド・グリルにてシーフードを好みの調理法で頂くことができます。キシックとは、「海にせり出す崖」の意味だそうで、まさにそんな場所でした。

今までは、ビーチ沿いの大型屋台のような観光客が多く行く所でシーフードを頂きましたが、ここは上質なサービスでいながらカニやエビ等の魚介をいっぱい頂いたにもかかわらず 最後のチェック時には金額が思いのほか安くびっくりしました。

最終日の朝食では、コーナーで最も眺めのよいお席に案内されました。間もなく小さな小鳥がやって来て、ロープに止まってこちらを見て、いっぱい話しかけてきました。それはまるで、「これから近くに行くけど、私を脅したり触ったりしないでね!」と言っているようでした。「大丈夫だよ!」と言うと、テーブルに降りてきました。

小鳥さんの食べられそうなものをあげると、更に近づいて食べます。5~6回もあげたでしょうか、「こんなに食べて飛んでいける?」と言った後、最後に少し大きめのパンケーキを食えて飛んでいきました。
何だかとても嬉しく優しい気持ちになりました。
中3日の短い旅でしたが、顔を見合わせ、ほぼ同時に「良い旅だったね!」と同じ事を言ったので思わず笑ってしまいました。
神々の島に感謝です。

ここまで長い話に付き合って下さった方がいらっしゃったら、心から感謝です。

それではまた お目にかかりましょう。

Nakamura momoko
[PR]
by mgmomoko | 2014-06-29 18:18 | 旅行記
「ちょっとふざけた、本当の話」
こんにちは、こんばんは。
「ちょっとふざけた、本当の話」

ある書籍に載っていた話ですが、本当のことだなあと感じながら、ちょっとふざけ過ぎの名前の為に書籍のタイトル、著者はあえて書かない事にしました。

面白い例え話

この世の人生は、レンタカーを借りて観光に来たのと同じ、
以下 抜粋

わたしどものレンタリースでは、この世へのご旅行をされる方を対象に「車両貸出事業」をしています。
お客さまとご旅行プランをヒアリングし、その計画に沿った「完全オリジナル」の車両をご用意させて頂きます。
ご利用期間のことを皆さま 「寿命」ともお呼びのようです。
一口に車と言っても、いろいろな車種があります。軽・RV・ワンボックス・スポーツセダン・レーシングカー・ブルドーザー・トラクター・など。

ドライブプランに合わせた車(身体)を借りてきています。
爽快感を求めて「GT-R」を選ぶ人、冒険を求めて「ランドクルーザー」を選ぶ人、セレブリティな走りを求めて「レクサス」を選ぶ人。

自分の個性に合わせた道のりを選び、車に適した走り方をすれば、ドライブは快適になる。
しかし、自分に不向きな道のりを走るなら、それなりのドライビングテクニックやカスタムが必要になる。

雪道を走るなら、タイヤはスタットレスに交換しなければ事故の確率が高まり、軽自動車でラリーに出たら、ちょっとの傷ではすまないかもしれない。

でも、自分のオリジナルカスタムに自信があれば、やってできないこともない。優勝はできないかもしれないけれど、自分のペースで走れば完走は出来るかも。

しかし、あまり車に気を取られないように! レンタカーを借りた目的はあくまで「ドライブ」「観光」です。

観光目的をすっかり忘れて「レンタカー」の外見・性能・機能にコンプレックスをもったり、オプションの取り付けに必死になって、「車」に目が向かい過ぎている人ほど、全然「ドライブ」や「観光」を楽しめていない。車にばかり気を取られていると、旅行の終わり、あの世に帰ってから、「俺は何のために旅行に行ったんだ!」と言う事になりかねません。

折角の旅行だから、「滞在中、ずっとホテルに引きこもっていようね!」ってことにはならないでしょうし、
旅行計画は万全で、どんなに自分の価値観において、最悪の状況に見える事も、本当は当初から予定していた「観光地」の一つ。せつない感じやスリリングな気持ちを味わいたかったのかもしれません。

そういえば「デジャブ」の経験がある人もいるでしょう。もしかすると 旅行前に見た「旅行ガイド」の映像なのかもしれませんよ

そいう感じで自分の人生を振り返ってみると、「観光」を楽しんできたと言えるでしょうか?

目の前にある景色を楽しむことなく、まだ見ぬ理想の目的地ばかりに意識が向いていたら、単に、今と異なる環境を求めているだけ。
「旅行そのものを楽しもう」という気持ちがない以上、どこにいっても何に手を出しても、楽しむことはできません。ただ、先を急いでも何も変わらない。

結局は、自分の受け取り方次第ということでしょうか?

人生もこれと同じ。「いま幸せであることを」を選ぶのではなく、「何かが叶った暁に、幸せになろう!」と自らを「おあずけ状態」に入ってしまう。

本当は幸せを望んでいるにもかかわらず、「ああなったら」「こうなったら」と理由・条件をつけて幸せを先延ばししているだけ。

「幸運な状況になったから幸せになる」のではなく、
「幸せでいるから幸運な状況になる」

「~が足りない」「~がない」と思ってしまう癖があるかぎり、「まだ、足りない、もっと必要だ」と同じことを繰り返してしまうのです。

如何でしょうか?


a0183245_17472857.jpg



人間は、思いの結果を体験します。
『~になりたい!』は、いつまでたっても、なりたい現実を体験してしまいます。

あなたは なりたい自分になっている自分を想像できますか?


それではまた、お目にかかりましょう。

Nakamura momoko
[PR]
by mgmomoko | 2014-06-21 17:29
「未知との遭遇をテーマに
こんにちは、こんばんは


「未知との遭遇」をテーマに 保護者ガイダンスでスクールの校長でもある中村和世がお話しさせて頂いている動画です。

これからの未来を生きるお子さまをお持ちのお母さまには、是非 ご覧いただきたいと願っています。


https://youtu.be/uzy9ZuGsUfU

うまく開けない場合は、ローレンシャンスクールのホームページの以下のページを
ご覧ください。

http://iq-kids.net/information/info/754.html



a0183245_22243633.jpg

[PR]
by mgmomoko | 2014-06-05 22:23 | 教育