<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
「他人の立場に立って 考えられるようになるのは、何歳から?」
こんにちは、こんばんは。
「他人の立場に立って 考えられるようになるのは、何歳から?」

ある子が、犬に石を投げました。そのとき、
「そんなことをしたら、犬さん痛いでしょう?犬さんの気持ちになってみて?」

はたして、この叱り方が通用するのは何歳くらいからなのでしょうか?

これを知るための実験があります。
① 男の子の目の前で、大好きなお菓子をAの箱に入れます。
② 男の子がお出掛けしたところで、今度はBの箱にお菓子を移しました。
③ 男の子が、お菓子を探しに戻ってきました。

「さて、男の子はA,Bどちらの箱にお菓子があると思っていますか?」

実験では、3~4歳の子どもは、ほとんどが「Bの箱」と答えました。しかし、5歳の子どもになると、「Aの箱」と答える子どもが圧倒的でした。

男の子は、お菓子をBの箱に移したことを知りません。でも、お菓子を「Bの箱」に移したことを自分は見て知っているので、「Bの箱」と答えます。

自分は知っていてもこの男の子は、Bの箱に移したことを知らないから、Aの箱にあると思っている、といった相手の立場に立って考えることは、幼い子どもにとっては、かなり難しいことのようです。

この実験から、「他人の立場になって考える」や、「他人を思いやる」行動は、4~5歳辺りからと考えるのが、脳科学者たちの見解のようです。

もちろん個人差はありますが、まだ、自分以外の立場でものを考えられる能力がない子どもに、「そんなことしたら、相手がどう思う?」と叱っても,叱った意味がありません。

こうした幼い子どもには、
「だれかに石を投げるのは、悪いことだから絶対しちゃダメ!」
「いじめることはいけないことだから、ダメ!」など理屈抜きに叱るしかないのです。


子どもの理解や能力に応じて叱りかたを変えることは、実はとても大切なことなのです。

a0183245_22524632.gif


「そんなことをしたら相手が可哀そうでしょう?」
「なぜ、人の気持ちがわからないの?」
といった叱り方は、一見道徳的ですが、こうした事が理解できる年齢になってこそ 効果があるのです。
「ダメなものは、ダメ!」と一方的に言い聞かせることが、大切な時期もあるのです。


物分りのよいお母さんにならなくても よい時期があることも、承知しておきましょう。

そんなことまで考えていたら、大~い変!と悲鳴を上げないで!
幼い時にしっかり向き合えば、その後、10倍にも20倍にもになって、子育てが楽になりますよ!

がんばれ!おかあさん!

それでは、また お目にかかりましょう。

Nakamura momoko 
[PR]
by mgmomoko | 2013-11-29 22:52 | 脳科学
深刻な脳の発育不良を引き起こす、鉄分不足
こんにちは、こんばんは。
『深刻な脳の発育不良を引き起こす、鉄分不足

「ポパイになれるよ!」と鉄分を多く含む ほうれん草をがんばって食べさせたとしても、もし食後にお茶を飲んでしまったとしたら、あらら 水の泡!!』

カルシウムと言うと骨をイメージしますが、脳内の情報伝達活動にも大きな働きをしています。

幼児では500mg 学童では600~700mgと大人以上にカルシウムを必要とすることは、ご存じだとおもいますが、この時期、脳のカルシウムが不足すると、脳はまず血液中から、次に骨や歯から何とかカルシウムを調達して、情報伝達をスムーズに行おうとします。
ところが、子どもの骨も歯も成長中、自分のことで手いっぱいなのです。

また、血液中の鉄分が不足すると、脳に供給される酸素が不足し、せっかく脳に運ばれたブドウ糖もエネルギーに変われないことになります。

脳がガス欠に陥ってしまうと、深刻な脳の発育不良を引き起こすと言われています。

脳の発達初期の鉄分不足は、どんなに後から鉄分補給をしたところで改善されず、深刻な脳の発育不良を引き起こすとも言われています。

a0183245_1115360.jpg


鉄分には、レバーなど肉に含まれる「ヘム鉄」と、ほうれん草など野菜に含まれる「ノンヘム鉄」があるそうですが、野菜に含まれる「ノンヘム鉄」は、ポリフェノールによって吸収が抑制され、ビタミンCによって促進される性質があります。
また、ポリフェノールはドーパミン受容体の働きに関わる「亜鉛」の吸収も抑えてしまうのです。

せっかく頑張ってほうれん草を食べたとしても、お茶をのんでしまったら水の泡、食事の時には、お白湯か、ジュースを飲むようにするのがお勧めです。

では、脳に良いサプリメントを飲ませよう! と安易に考えたくなるのも分からないではありませんが、
脳の毛細血管では、脳内への入り口が極めて制限されていて、脳にとって良い物質と、悪い物質とを見分ける関所が存在するのだそうです。
これらのサプリメントは脳の関所を通れないことも、心に留めておいてくださいね!

有り難いことです!
大切なミネラルも摂り方が 肝心なのですね。


それではまた、お目にかかりましょう!

Nakamura momoko
[PR]
by mgmomoko | 2013-11-11 11:01 | 脳科学
「臨界期の脳ってなに?」
こんにちは、こんばんは。
「臨界期の脳ってなに?」

臨界期の脳とは、
外界からの刺激に対する集中力が、もっとも高い時期のこと。
言いかえれば、外界からの刺激に対して、もっとも反応し、それを自分のものにしていくベストな時期、といってもよいかと思います。

この時期、
子どもの成長に合わせて、自分でできる事は極力自分でやらせることが、大切です。
お洗濯ものをたたむ、夕ごはんの支度のほんの一部を手伝わせる、お料理を作るところを傍で見せる、そうしたことで「ごはんが自動的に出てくるものではなく、お母さんが、お父さんが作ってくれて、ここにあるんだということを理解します。

こうした過程を見せる事で、広くは世の中の因果、こうしたらこうなることの摂理を学ぶのです。

「片付けたから、片付く」という大人にとってはごくごく当たり前とおもえるような因果関係も子どもにとっては、自分が関わることで、また、その過程を見せてこそ理解し、知ることができるのです。

親が手を出し過ぎて そうした貴重な体験を奪ってしまうことで、子どもは、オモチャは、自分が知らない間に「自動的」に片付けられていて、ご飯は、「「自動的」に食卓に並び、洗濯物も「自動的」に洗濯され、タンスの中に仕舞われるものだと思い込みかねません。

臨界期のやわらかい脳には、バランスのとれた生活環境が大切、それも特別なことでなくとも、案外 普通の環境が、幼い子どもの脳にとっては大事なようです。

a0183245_11531756.jpg


一流の音楽に触れる経験が少なくとも、歌を歌う、絵を描く、動物と触れ合う、美味しい物を美味しいと感じる、こうした事が臨界期の脳には、非常に貴重な経験になるのです。

お稽古ごとに振り回さなくとも、意外とお家でできることばかりです。丁寧な子育ては、ちょっと手間がかかって、面倒なのですが、いま、しっかり子育てすることで、大きくなってから、情緒が不安定だったり、お勉強を嫌ったり、お友達ができなかったりする悩みから、解放してくれるのです。

いっぱいお手伝いしてもらって、いっぱいお話して、それで十分なのです。

臨界期は、およそ5~6歳、学校の手の及ぶ前に終わってしまうのです。
小学校に上がる前までに、その子の能力はもちろん、情動に関する基礎や土台は創られてしまうのです。
ドリル学習は、この基礎の上に積まれるもの、こうしたことが逆になってしまっていませんか?

先日、小学1年生から4年生までの8名+私(透明人間として参加)、自分たちで計画、実行するミニ旅行に行ってきました。

面白かったです!彼ら彼女らにとっても良い経験になったことでしょう!

それでは、またお目にかかりましょうね。

Nakamura momoko
[PR]
by mgmomoko | 2013-11-09 11:53 | 脳科学