<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
「GDPでは、幸せは測れない、その訳?」
こんにちは、こんばんは。
「GDPでは、幸せは測れない、その訳?」 

そもそもGDPは、1934年米連邦議会の為に経済学者のサイモン・クズネッツ氏が開発したもの。これが、第二次世界大戦中に国家の軍需生産を測る指標として使われるようになり、その後、国家の経済成長を測る指標として定着したもののようです。

当時、「戦車や大砲をどのくらい作ったか?」を測ることから始まったもので、社会の豊かさや人々の幸せを測るものではなかったのです。

クズネッツ氏本人が1943年に米国議会で「GDPでは、国の豊かさや人々の幸せは、殆ど推し量ることはできない」とも証言されています。

GDPとは、「国内で新たに生産され、市場で取引されたモノやサービスの付加価値の合計額」です。
それがなんであっても、モノやサービスが生み出されて市場で取り引きされ、お金が動けば、GDPは上がります。

つまり、環境汚染や交通事故、暴力事件などが起これば起こるほど、もれなくGDPも上がるという事。なぜなら、環境汚染によって病気になったり交通事故にあった人の医療費、暴力事件に投入される警官の超過手当なども計上されるからです。

逆に、家事や育児、ボランティア活動など、いくら幸せを作り出していても、市場で取引されなければカウントされません。

私達が気をつけなければならない事は、「私達が何を測るかが、私達の行動に影響を与える。」「もし間違った指標を使っていれば、間違った事の為に努力することになるだろう」と言う事です。
「何を測るかが私達の行動に影響を与える」としたら、本当に幸せな社会に向かう行動が取れるよう、社会がそして自分が何を測るのか、幸せの尺度は何なのかをしっかり考えていかなければなりません。


a0183245_10385712.jpg

GDPが上がった、下がったと一喜一憂するのではなく、数値に出来ないモノにこそ、目を向けていかなければ、数値の上では幸せなはずなんだが、、、、」と首をかしげなくてはならなくなってしまいます。

日本政府も、幸福度指数の研究が始まりました。最初の動機はよくても、数値に振り回されては、GDPと同じ結果になりかねません。

何でもかんでも数値にしたがる生き方に対して、警告していきたいものです。

                    参考資料:環境ジャーナリスト 枝廣淳子氏のコラムより

それではまたお目にかかりましょうね。

Nakamura momoko
[PR]
by mgmomoko | 2012-05-29 10:38 | 教育
「世にも不思議な人でした!」
こんにちは、こんばんは。
「世にも不思議な人でした!」

14日の月曜日、お友達の紹介で素敵な女性に会いました。名前は、由紀さん。
この女性、見た目は普通のお嬢さんですが、ちょっと普通と、違っていました。

彼女の最近の困ることは、家電品がすぐ壊れる事、ときに、時計の針が高速 逆回転を始め、その後、壊れる、などなど、まるでオカルトの世界の話を聞いているようでした。

でも、彼女は真剣です。
小さい時には、ヨーグルトの入った分厚い瓶が、気づけばテーブルの上で、粉々になっていたり、コップの瓶が、これも気づけば割れて、テーブルの上が水浸し。
何度も、母親に「いったい何をしたの!」と言われるけれど、ご本人にはその瞬間のことは、分からないらしい。
気づけば、そのようになっていたのだそうです。

同じ人間でありながら、どうして、こうした事が起こる人と,まったく全然起こらない人があるのでしょう。
瞬間、これはどうなっているのでしょう???

最先端の「量子力学」でも、この摩訶不思議な現象は起こるようなのですよ。

一度に一億個の粒子(電子)を、スリットと呼ばれる小さな穴に向かってスピード発射す
ると、隙間を通った電子は、その先のスクリーンに干渉縞(波模様のようなもの)が現れ
る為、この電子は「波」の性質を持っていると考えます。
ところが、
一億個を、どんどん少なくし、ついには、電子一つをスリット(小さな穴)に向かってス
ピード発射すると、スクリーンには、一個のスポット(点)が出てくるだけで
「波」の性
質は、消えてしまったかの様に思われます。

でも、この1個の電子を1万回発射すると、スリットの後方以外の所にも、スポット(点)が、現れ、それは一見デタラメに現れたスポットのようですが、全て集計すると、干渉縞(波模様のようなもの)が、見事に出現するそうです。

電子は、波の性質を内在的に持った粒子と言うことになります。

これを佐々木進先生は、「ミクロな世界の分身の術」と呼んでいるそうです。笑
(1個の電子が、まるで、2か所のスリット(小さな穴)を通っているかのようだからです。)

a0183245_2217916.jpg

摩訶不思議は、これだけではありません!

波としての性質を持った1個の電子が、スリットの小さな穴のどちらを通るかを「覗いて」しまうと、波の性質は消失し、「覗かない」時に限って、1個の電子は「波」として振舞うのだそうです。
先生は,学生達に「つるの恩返し」の話をしながら、昔の賢人の洞察力に、本当に脱帽するそうです。

超最先端の物理学者の先生が、「昔話」に、なぞらえて感動するなんて、それこそ、感動します!

神話や、昔話を子ども達に伝えなくなると、その民族は100年で滅びると言われています。創作本も良いですが、神話や昔話は、やはり大切にしていきたいですね
おもしろ~い!

それではまたお目にかかりましょう。

*つぶやき・・・この由紀さん、私と会って直ぐに、“この人第三の目があいている!”と
        思ったけれど、そんなこと初対面の人に言ってはいけないし、と思って
        黙っていたと、後で言われました。ちょっと嬉しいかな?笑


Nakamura momoko
[PR]
by mgmomoko | 2012-05-19 22:17 | 目に見えないもの
「あなたは我が子が、知恵のある子、と言えますか?」
こんにちは、こんばんは。
「あなたは我が子が、知恵のある子、と言えますか?」

わが子を、「知識のある子に育てたいですか?」それとも「知恵のある子に育てたいですか?」
と聞かれれば、殆どのお母さまは、「知恵のある子に!」と、おっしゃることでしょう。
では、知恵のある子に育てるために、あなたは何をされているでしょう。

一般的に、「知識のある子」とは、どんな子どものことでしょう。
色々なことを、特にお勉強関係の事を、良く知っている、知識として持っている子。確かにこれは大切ですが、これだけでは知恵のある子、とは言えません。

では、「知恵のある子」とは、どんな子供で、どのようにすれば「知恵のある子」に育てる事ができるのでしょう。

永六輔さんが、こんなことを言っています。とても、言い得ていると感動いたしましたので、ここに記します。

“知識と知恵の違いについて、「あの世」があると思うこと、これは知恵です。
「あの世」などないと思うこと、これは知識です。
確かに、知識でいえば、「あの世」などあるはずもないし、神も恐らく、いないでしょう。

知識にだけに走ってしまえば、目に見えるものが全てであり、目に見えないものは、存在しないものです。しかし、時代を振り返って見れば分かるように、その時代その時代で、見えなかったものの存在が確かめられています。X線、放射線などもその一つですね。
これからだって、こうした発見は続くことでしょう。

最先端を行く物理学者ですら、想念のエネルギーを否定しません。
想念のエネルギーは、あまりに微細であるため、今日の物理学では計測することができない状況ですが、明らかに一つひとつの想念は、エネルギーを伴ったプロセスである。とも言っています。

a0183245_10405592.jpg


目に見えないものに対しても、素直に従え、受け入れられる子。
目に見えないもの、例えば、感謝、思いやり、優しさなどは、生きる力そのものです。 
 
  
日本人は、仏教が入ってきた時、それを取り入れ、神仏習合の道を選びました。これは、知恵です。
それに対して、ユダヤ、イスラム、キリスト教は、お互いに争い、相手を打ち負かすことで、それぞれの宗教を守ってきました。
「愛」 「正義」 「戒律」を大切にして、素晴らしい知識はあるのですが、知恵がないと言えるかもしれません。

知恵は、文化を創り、知識は、文明を発達させてきました。しかし、「知識」と「知恵」のバランスを取ることが大変難しく、このことが人間を不幸にしています。

知恵が文化だと言うのは、それが経験の積み重ねからしか生まれてこないからです。
知識から、色々な物が発見されますが、知恵は、伝承されるものです。
知恵のある子は、素直で、感謝のこころを持っています。

とは言え、知識なくしては、文明も遅々として進まなかったことでしょう。
しかし、ここで大切なことは、知恵のない知識は、人類を滅亡しかねないという事です。

共生の生き方こそ、祖先から受け継がれてきた日本人の優れた知恵だと思います。

皆が、共に仲良く喜びあえること、素直で、感謝の心を持ちつつ、知識をつける子、そんな子どもが、真に知恵のある子!と言えるのではないでしょうか?          

          参考資料:-東京大学理学系研究科物理学博士(理学)佐々木進先生―
                    現在量子力学の研究に従事

それではまたお目にかかりましょう。

Nakamura momoko
[PR]
by mgmomoko | 2012-05-18 10:41 | 教育
「神社でお祓い」の本当の意味をご存じですか?
こんにちは、こんばんは。

「神社でお祓い」の本当の意味をご存じですか?

私達は、神社に参拝する時、神職の方から、しばしばお祓いを受けたりします。
お祓いを受ける時、私達は気持ちを正して頭を下げ神妙にしています。
この時、いったい私達は何をして頂いているのでしょう。

一般にお祓いと言うと、よく罪・穢れを祓うことだと思われていますが、この罪・穢れとはどういうもので、どうすれば祓われるのでしょう。

そもそも私達が考える罪・穢れと、本来の意味とは、どうも違っているようです。
「罪」とは、私達が考える犯罪というような意味の罪では無く、神さまがお生みに成られた素晴らしい人間本来の姿を包み隠してしまうもの、「つみ(包む身)」。
また、「穢れ」とは、汚いという意味ではなく、日々私達を生かして下さる神さまの尊い「気」を枯らす「けがれ(気枯れ)」ということのようなのです。


そして、この「祓い」というのは、罪・穢れを「除去する」ということではありません。もし、お祓いによって、罪・穢れを除去するのであれば、その罪・穢れはどこに行ってしまうのでしょう。

私達は、理科の授業で、「エネルギー保存の法則」を習いました。ボールを投げ上げ、ボールはもっとも高い所にある時、運動エネルギーは0になり、代わりに位置エネルギーが最高になります。ボールが下に落ちて来る時、位置エネルギーがだんだん小さくなって、変わりに運動エネルギーが大きくなります。
床に落ちた時、位置エネルギーが0になる分、運動エネルギーは最高になり、床を叩きつけます。

つまり、エネルギーは、形を変えるだけで、無くなることはないのです。習いましたね!

だから、罪・穢れをお祓いによって除去したとしたら、その罪・穢れは、横に並んでいる人に移ってしまうかもしれません。
それでは、自分は清らかになるかも知れませんが、隣の人が穢れてしまう可能性があります。

そんなことを天照皇大神さまが、なさるはずがありません!


ですから、「お祓い」とは、罪・穢れを除去するということでもなく、「消し去る」ものでもありません。
再度になりますが、存在するものが消えてなくなるなどということは、本来あり得ないのです。

「除去」でもない、「消し去る」でもない「祓い」とは、いったい何なのでしょう?

a0183245_22322864.jpg


大和言葉では昔「にほん」とは言っていませんでした。「とよあしはらのみずほのくに」と言っていたようです。
「アシが茂って、お米が良くできる国」という意味だったのです。これが、いわゆる大和言葉の原点なので、それを漢字に置き換えてしまった為に、本来の意味が分からなくなってしまったのです。

「祓い」という難しい漢字も、あくまで中国の漢字ですから、この漢字をいくら見た所で、日本人にとっての「はらい」の本当のこころは分からないのです。

本来の日本語の「はらい」の「は」とは、生まれると言う意味。「は」を二つくっつけると「はは」になります。「ら」は、「君ら、ぼくら」の「ら」で、たくさんという意味です。「い」は、いのちです。
ですから「いのちがたくさん生まれる」が、「はらい」の本来の意味なのです。

この世の中の仕組みというのは、全て循環で成り立っているのであって、捨てると言う仕組みにはなっていません。だから、消すとか除去すると言うのではなく、
素晴らしい神さまの力が体の中に入ってくると、今までの罪・穢れが、今度は自分を生かす素晴らしい力に変わって現れて来る。マイナスをプラスに変える働き、それが本当の祓いの意味なのです。
   

                ―( 葉室頼昭先生、大祓い 知恵のことば)より―

なるほど、随分 勝手な解釈で過ごしていました。
あなたは、ご存知でしたか?

それではまた、お目にかかりましょうね!

なかむら ももこ
[PR]
by mgmomoko | 2012-05-14 22:32 | 目に見えないもの
「人間の脳は、ここまで素晴らしいの?!」
こんにちは、こんばんは。
「人間の脳は、ここまで素晴らしいの?!」

「脳科学」の言葉は、もう古い?
「北島康介選手だけなく、なでしこジャパンまでも?」

医学博士で、脳科学者の林 成之先生が、北島康介選手のみならず、今回世界一になった、なでしこジャパンにも、大きく関わっていたことが判り、やはり、再度、林先生の脳科学
の本を読み直す必要を感じました。

林 成之先生のベストセラー書籍に「脳に悪い7つの習慣」がありますが、この書籍を出版社から依頼された時、出版社として、脳に悪いでは無く「、脳に良い7つの習慣」にしてほしいと言われたそうですが、先生は、あえて、悪い理由が本当に理解出来たら、自然に良い事も分かる、と、このタイトルのままでの出版になったと伺っています。

今回、なでしこジャパンの監督も、一番尊敬する人に、林成之先生の名前を挙げていらっしゃった事が印象的でした。

その林先生の唯一の愛弟子である石山先生が、先週の土曜、日曜とスクールに来てくれました。この石山先生、最近ちょっと以前にもましてふくよかに成られ、冷やかし半分に、「なんだか、お顔が林先生そっくりに成って見えましたね。」
と言うと、
「はい、林先生は、ジャイアントパンダで、私は、レッサーパンダだと言われて、お前は、まだまだだな~。と言われています。」と笑って答えてくれました。

石山先生とはいつも、真の逞しさを身につけた、真のリーダーを育てるには!の話になっていきます。

もちろん、これからを生きる子供たちには、ジャングルで生き抜く力を身に付けさせたいのではなく、「人間ジャングル」の中、それも国を超えた人間ジャングルの中を生き抜く真の逞しさを身につけてほしいのです。

そして、真のリーダーには、いかに、みんなで仲良く、力を合わせ「共栄」していけるのか!が問われているのだとの話になっていきます。というと、
「な~んだ、そんなこと昔から知っているよ。」
と仰るかも知れません。しかし、本当でしょうか?

本能と言うと、人はとかく食欲・性欲などの動物的な欲望を思い浮かべかちです。しかし、私達人間の脳には、他者への思いやりや、意見の違いを受け入れて共生するという志向性が、本能として組み込まれているのです。

なんと素晴らしい事でしょうか!!

40億年に及ぶ地球生命史の中で、バクテリアも含めれば天文学的な数の生命体が生まれたはずですが、その内の多くは、現在まで生き残ることができず、どこかの時点で滅んでしまいました。

そして、滅んだ生命体の特徴の一つは、「近くにいる者と仲良く共生できなかった」と言うことなのです。

共生できなければ、必然的に争いが生まれ、争いに負けた側は絶滅するしかありません。そうした淘汰の歴史を長い年月繰り返す中で進化してきたからこそ、私達人間の脳には、「思いやり」が本能として組み込まれていったのです。

だからこそ、現代に生きる私達もまた、この素晴らしい思いやり、共生の本能に従って生きていかなければなりません。


「自己保存の本能」を適度に抑制し、「統一・一貫性の本能」のマイナス面である「自分と違うものを嫌う」という性質を乗り越えて、「他者との違いを認めて共に生きる」こと。
脳は、本質的にこうしたことを望んでいるのです。


なんて、なんて素晴らしいのでしょう!!!(何度もすみません)

しかし、現実には、人間の脳が望んでいる共存社会は、なかなか実現に至っていません。
みんながそれぞれの立場を主張し、自己保存の本能を優先する過剰反応のため、争いや戦争をやめることができないでいるのです。

「共に生きたい」と「自分を守りたい」という、背反する二つの本能のギャップから生ずる争いは、世界規模の問題だけでなく、私達の日々の生活のかなでも、繰り返し行われているのです。

私達に「仲間になりたい」という本能がある以上、脳は根源的に「共生」を志向していることになります。従って、「自分さえ良ければいい」「お金さえ儲かれば、他人がどうなろうと構わない」という利己的な考えで生きていく人は、長い間には、必ず滅んで行くでしょう。


a0183245_114090.jpg


ところで日本は、「世界一老舗企業が多い」国だそうです。
操業100年を超える老舗企業が10万社以上もあり、世界最古の企業も日本にあります。
それら老舗企業は、例外なく脳が持つ共生への志向にかなった組織になっているそうです。

本当に素晴らしいですね! 人間って! 人間の本能って!

それではまた お目にかかりましょう!


参考資料:世界で最も古い企業は?――578年に百済から渡った金剛重光が創業した日本の建     設会社・金剛組を世界最古の企業として紹介した。日本は世界2位と3位の長寿企      業も有する長寿企業大国だとしている。
     報告書によると、世界で創業200年以上の企業は5586社(合計41カ国)で、     このうち半分以上の3146社が日本に集中している。

Nakamura momoko
[PR]
by mgmomoko | 2012-05-11 11:03 | 教育