<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
「本当は楽しい物理の世界 その2」
こんにちは、こんばんは。

「本当は楽しい物理の世界 その2」

小さな疑問が解決!


殆どの方が、理科の授業で、月の満ち欠けの勉強をされてきたと思いますが、
「太陽・地球・月 が一直線になった時に満月になります。」と教えられてきたと思います。
でも、一直線に並んでいるのなら、なぜ月は、地球の陰にならないのだろう。。。
と、思われませんでしたか?
Eの位置の月が満月です。

a0183245_9535267.gif


実は、私は、疑問に思っていました。

これに、東大理学系研究科物理学博士の佐々木 進 先生が、明確に答えて下さいました。

以前ブログで書きました、地球を1000万分の1の縮尺にして、地球を半径64㎝の地球儀で考えると、月は、地球から37m(25mプールより、10mほど長い)離れた所にあるサッカーボール位の大きになるようです。

我らが太陽はというと、半径64㎝の地球から15km離れた所にあるスタジアム大の大きさです。さすが、遠いし、大きいです!

この3つの距離と大きさを考えると、良く分かります。
半径64㎝の地球儀から、37m離れた所にあるサッカーボール(月)と一直線に並べるのは、極めて正確に並ばなければ、月が地球の陰に入ることは、難しい、と分かります。

ごくまれに、太陽・地球・月が、正確に一直線に並ぶことがあり、これが、月食になるのだそうです。

距離と、それぞれの大きさを考えると、本当に良くわかりました!!

前回、スペースシャトルは、半径64㎝の地球儀でみると、なんと3㎝の高度で飛んでいることが分かりました。

では、気象衛星に代表される人工衛星はと言うと、
日本から見て常に同じ位置に見える事から静止衛星と呼ばれていますが、地球の自転と同じ周期で回転する必要から、静止衛星の高度は、3600㎞と決まっていて、これをまた、半径64㎝の地球儀から見ると、地表から3,6mの高さということになります。

私は、随分高いなあ~と感じました。この為、衛星中継の会話に間延びした時間がかかることも納得できました。

月までは37m、太陽までは15km、このことから見ても、太陽と地球の距離は、改めて、遠いなあと感じます。

ほぼ、毎朝見る日の出も、実は、「お日さまが出た!」と感じる8分20秒も前に出た、太陽の光を見ている事になるそうで、何だか妙な感じです。

ちなみに、月の光は、月を1秒前にでた光を見ているそうです。

これが星になると、もう、存在しない星の光を見ていることもしばしばと言いますから、宇宙は、広い~!そして、光は、意外に遅いです。

佐々木先生が話される物理、楽しいですね!

それではまた、お目にかかりましょう!
N Momoko
[PR]
by mgmomoko | 2012-02-27 09:50 | 教育
「感じるままに。」もちろん、子育てに黄金道なんてありません。
こんにちは、こんばんは。
「感じるままに。」もちろん、子育てに黄金道なんてありません。

子育てに奮闘されている多くのお母さまに、心からのエールを送ります!特に、日本を遠く離れての子育ては、想像を絶する大変さがあると思います。

「良い育児を目指すなら、まず、育児書を手放しなさい。」と言います。
なぜなのでしょう?

赤ちゃんは、この新しい人生を楽しむ為に、お母さんを選び、家族を選び、環境を選んで来ているからです。お母さんの元で、一緒に人生を送りたくて来ているのですから、一律の方法なんて望んでいないのです。

そうなんです!
赤ちゃんは、あなたを選んで生まれてきたのです。
だから、何も特別なことをしなくても、大切に、愛を持って、接していけば良いのではないでしょうか?

それでも、お母さんも疲れたり、心に余裕がなかったりして、許せない接し方をしてしまう時もあるでしょう。そんな時、実は、小さなお子さんは、お母さんの大変さを肌で感じて、許しているのです。

a0183245_1174029.jpg


お母さんも、時間が経って、心に余裕が戻ってきた時に、「さっきは、ごめんね。」と謝りましょう。これは、お子さんが、いくら小さくてもです。

魂のことに、ちょっとだけ触れさせて頂きますと、いくら小さなお子様でも、魂がひ弱,と言うことはないと言います。
言葉に出して言えないだけで、肌で感じ、お母さんを気遣っているのです。

そう思って、目の前のお子さんを見ると、たまらなく愛おしくなってきませんか?

親子って、そういうものだと思っています。

さあ、振り返れば、子どもが小さくて、お母さんの手を必要としている時は、短いです。
楽しんで、子育てしていきましょう!!

素敵なコメントに、私が一番 励まされています。
ありがとうございます!

それでは、またお目にかかりましょうね。

Momoko
[PR]
by mgmomoko | 2012-02-24 11:07 | 教育
「催眠療法、受けてみました。」
こんにちは、こんばんは。
「催眠療法、受けてみました。」

10年以上前、アメリカで催眠療法をある方の紹介で受けたことがあります。
この時は、全く駄目でした。
途中「あの~、もう止めてもいいですか?」
と言ったくらいでしたから。

そんなことがあった後なので、私は催眠療法には向いていないかも、と思っていましたので、半ば、お遊び気分で出掛けました。

結婚したばかりという、まだ年若い女性がナビゲーターでした。
「今から、五感をフルに使っていきますので、映画で観た?とか、自分でお話創っている?などと勘ぐらずに、感じるままに全てを開放してあげて下さい。」
と言われ、内心、大丈夫かなあ。。。と少々不安になりました。

「一番心地良い、一番お気に入りの場所をイメージしてください。」
う~ん、大きな窓から、緑の木々が程良く立ち並び、その向こうには湖が見えています。
木々の下は、芝が美しく生え、小道のわきには小さな白い花が咲いています。

これは、スムーズにイメージ出来ました。蓼科のホテルの窓からの景色のようでもありますが。

彼女の言葉に導かれ、森の中の大きなドアを開けました。

「ドアの中は、どんな感じですか?」
。。。。「暗いです。」

「足元は、どんな感じがしますか?」「靴は履いていますか?」「どんな靴ですか?」
「女性ですか?男性ですか?」「手には宝石など、はめていますか?」「肌の色は?」「髪の色は?」
。。。「湿って、冷たいです。」「靴は、履いていません。」「女性です。」「指輪も何もしていません。」「白い肌で、黄色い髪です。」「誰もいません、牢屋のような。。。」

「あなたは、どうしてそこにいるのですか?」
。。。「叱られて、、、」

「どうして、叱られたのか判りますか?」
。。。胸が詰まって、閉じた目から涙がひとすじ。そこにいる理由は、なぜかは判りますが、胸が詰まって言葉になりません。

「では、どうして牢屋のような所にいるのか、少しさかのぼってみましょう。」
なにやら、数えて、コツっと聞こえる。

「あなたは今何歳ですか?」「どこに居ますか?」「父親は、何をしていますか?」
。。。「10歳か、11歳くらい。」「お庭にいます。一人で遊んでいます。」「父は、特に何もしていません。」

「お母さんは、いますか?」
。。。「はい、でも私にはあまり関心がありません。」

「それは、どうしてですか?」
。。。とても奇麗な母ですが、あまり笑ったところを見たことがなく、いつも他の事に気持ちを取られているように感じていました。なんとなく子供心にも、母に理由を尋ねてはいけないと感じていたのですが、うすうす理由は知っていました。でも、その事を言葉に出してナビゲーターの彼女に説明する気にもなれず、しばらく黙っていました。

「では、もう少し大きくなったところを、みてみましょう。」
カウントして、コツっと聞こえる。

「今は、何歳ですか?」
。。。「17~18歳くらい」

「あなたは、今どこに居ますか?」「周りには、何が見えますか?」「誰がいますか?大勢いますか?」
。。。「大勢います。父は、王様のようです。大勢の人が並んでいます。」

「王様のお父さまは、何を話していますか?」
。。。「約束事を話しています。毎日、決まってしていることです。私には、あまりよくわかりません。お行儀よく終わるのを待っています。」

「だれか、気になる人はいますか?」
。。。。。。。。。。。。。「はい。」

「その人は、どこにいますか?」
。。。「大勢並んでいる中に。。。」

「どうして、気になるのですか?」「その人のことが好きですか?」
。。。「あまり見てはいけないので、ときどきチラッと。。。」

「その人のことが好きなのですか?」
。。。「。。。。。。。」

「その彼は、あなたの気持ちを知っていますか?」
。。。「。。はい、でも、とても怖がっています。たぶん、彼から話しかけることは出来ないので、人目を気にして、怯えています。」

こうしたやり取りが続き、牢屋のような所にいた理由が、更にはっきりしてきます。
。。。再度、胸が締め付けられるような気持ちになり、涙が両の目からとめどなく出てきます。

a0183245_964641.jpg


「辛いですね。少し、時間を進めましょう。」「今は、どこにいますか?」「誰といますか?」
。。。「母の部屋に。母が助け出してくれました。」「母にすがって泣きました。」「初めて母と話ができ、母の気持ちを知りました。」

その彼が、国と国との戦争と言うよりは、小競り合いのような諍いの為に、命を落としたことが分かりました。あえて、危険な部隊につかされたのだと分かった、ような。

と、突然、笑いが込み上げて来ました。
ナビゲートの女性は、明るく「その彼は、今、知っている人ですか?」
。。。「。。。はい。」

またまた、笑いが込み上げてくる。
大勢の中に並んでいる人達の中に、なぜかはっきりとその人が、いるのです。

なぜ、今生その人が気になるのか、いろいろな謎が解けて来る。兵隊として大勢が並んでいる中に、はっきりとその人が立っているのです。可笑しいです!

私のその後の人生は、人を避け部屋に閉じこもり、失意のうちに肺っぽい病気になり、まだ30代の若さで死んでしまいました。

今生、その人に会うと、未だに体調が悪くなるのです。その理由がこのことだとしたら、もうそれは過去の事、過ぎ去ったことなのだと、自分に言い聞かせる必要がありそうです。

とまあ、2時間半があっと言う間の、面白い体験でした。

費用は、三万円。このことで気づきがあれば、凄く高いという金額でもなさそうですが、楽しい体験をしただけなら、三万円は、決して安くはありません。人に勧めるつもりもありませんが、全くデタラメという感じもない、妙な感じの催眠療法でした。

それではまたお目にかかりましょう。
Nakamura momoko
[PR]
by mgmomoko | 2012-02-23 09:06 | 目に見えないもの
「私達は、なぜ人徳・教養のある人に弱いのか」
こんにちは、こんばんは。
「私達は、なぜ人徳・教養のある人に弱いのか」


昔から、「真のリーダーには人徳がなければならない」と言われていますが、この人徳とはいったい何なのでしょうか。

ある書物によれば、

“徳とは、人間性を構成する多様な精神要素から成り立っている。
例えば、気品、親切心、温情、理性、忠誠、勇気、名誉、誠実、自身、謙虚、
健康、楽天主義、 などの多くの徳目から構成されているもの。“


人間にとって人徳とは、バランスのとれた精神のあり方を指すもので、
徳性の高い人は、他人や部下から信頼され、尊敬されるため、よき人間関係や組織の運営がスムーズに 行えると言うメリットを持っています。

逆には、心が常に不安定で、他人から信頼されず、よき人間関係が築けていなかったとしたら、要注意です。

また、徳性は、教養と表裏一体をなすものであることを、よく認識しておく必要があります。

人徳があるけれど、教養がない。
また、教養があるけれども、人徳がない。
という人がいないことにも気付かされます。

a0183245_11351373.jpg


****

“  最近の日本は昔に比べ、社会適応力を備えた知的大人が非常に少なくなった。
知性に欠ける人は感情に支配され、常に「損か、得か」という 価値観でしか物事を捉えられず、
一方、知性の豊かな人とは、物事のバランス感覚に優れ、自分自身をコントロールできる人のことである。“

“ 実際の利益に直結していない、一見無駄にみえるようなものを、重層的に個人が、また、社会がどれだけ持っているかが、国家の総合力とも考えられます。 ”

“ 一般教養を身につけず、目に見える算学とかハウツーものばかりやった人は、すぐに役に立つが、地位の上昇と共に 次第に役立たなくなるものだ。”

“ 昔、大部分の企業は、長期戦に強い、優れた人を求めていたが、最近は すぐ役立つ人間を求める傾向にあるのは、憂慮すべきことである。

これからの世の中を生きる為の、教養の重要性を多くのトップ企業の方々が話しています。

ローレンシャンインターナショナルスクールでは、これらを大切に考える、数少ない教育の現場だと確信しています。

それではまたお目にかかりましょう。
次回は、「催眠療法受けましたぁ!」の巻
[PR]
by mgmomoko | 2012-02-20 11:35 | 教育
「鬼は、外~!。の外ってどこ?」
こんにちは、こんばんは。
「鬼は、外~!。の外ってどこ?」

地球は、大きい?それとも小さい?
物理学者の佐々木進先生が、物理に詳しくない私達にも良く分かるこんな話をしてくれました。

地球の半径、約6400キロ。これを半径64㎝の地球儀と考えると、いったいどんな感じになるでしょう。文房具屋さんで、高低をつけた地球儀を見たことがありますが、実は、全然違うようです。

エベレスト山は、8800m、ざっくり10km、これを先程の地球儀にすると、なんと1㎜!
殆ど、膨らんでいることすら分かりません。
a0183245_11533392.jpg


また、国際線の飛行機が飛ぶ高度もほぼ10km、飛行機より下にしか雲は存在しません。ですから、
地球上で大気と水の循環は、地上から高度10kmの範囲で起きていることを意味します。
これは同時に、生命が存在する領域でもあるのです。

無限に大きいと思いがちな地球ですが、実は、本当に本当に薄い、厚さ1mmの超薄皮の中にのみ、われわれを含めた生命が生存していることになるのです。

次に、宇宙に目を向けてみると、スペースシャトルの高度は、およそ300km。半径64㎝の地球儀に戻ると、なんと、3㎝にしかなりません。

はるか彼方を飛ぶスペースチャトルですら、地球を這いつくばうように飛んでいたのです。

こんな狭~い世界で、「鬼さんを飛ばすような、外」なんて、何処にも存在しないことが分かります。

style="line-height: 1.2;">地表1㎜の仲間のみなさん、仲良く生活していきましょねう!!<

それでは、またお目にかかりましょう!
なかむら ももこ
[PR]
by mgmomoko | 2012-02-10 11:53
「偶然見た“コロンビア大学 シーナ・アイエンガー教授の授業は、とても面白かったです!」
こんにちは、こんばんは。
「偶然見た“コロンビア大学 シーナ・アイエンガー教授の授業は、とても面白かったです!」

恐らくインフルエンザと思える風邪をひき、やっと風邪の症状としては良くなったにも関わらず、まだ体力も、気力もなく、立ち眩みと、数日戦っておりました。

見るでもなくNHK教育テレビを見ていた私にとって、その番組は唐突に始まりました。

シーナ・アイエンガー教授は、インドの女性、13歳で網膜の病気のため成人の頃には
完全に失明、現在は50前後の美しく、穏やかな印象の女性です。

人がそれぞれの人生を生きる時、その人生は運命?それとも偶然? それとも選択の結果?なのか。
シーナの人生もまた、運命として、偶然として、また、選択の結果として捉えることで、一人の人生を50通りでも100通りでもの全く違った物語として話すことが出来ます。
a0183245_19255994.jpg


コンピューター、ソフトウエア開発には、1953年から1955年の間に生まれる必要が絶対と言われる中で、ビル・ゲイツは1955年に生まれる。これは偶然?
しかし53年から55年の間に生まれた子どもは、みんなビル・ゲイツになったか?と言えば勿論NOです。

多くの子どもは、好きなことに50時間費やした後、50%以上が、興味がない、または嫌いになって止めていく。
さらにそこから50時間費やすと、90%以上が諦める、多くの物事からは、こんな感じで離れていくという。いつでも、止める事ができます。止めると言う選択です。

並みはずれた能力から「ゴジラ」と呼ばれた松井選手は、FAで、自分がどこまで高く登れるのかを選択しました。結果は、ご存じの通りです。

スティーブ・ジョブズが、両親が若すぎて養父母に育てられることになったのは運命?

歴史のどの瞬間にもサクセスストーリーがあるけれど、一つ共通していることは、
「選択を見出す能力があった」ことです。

『今から、希望するあなたに、この世で一番ステキな旅行をプレゼントします。』
この旅行は、世界中の何処へでも、5つ星ホテルに泊まり、食べたい時に食べたい最高のお食事が用意され、したいことは何でも出来るし、最高の景色と考えられる最高を提供します。この旅行には、誰と行ってもいいし、相手を何度代えても構いません。
一つだけ、一度チェックインしたあなたは、二度とチェックアウトはできません。

さて、何人の人が、この旅行に行くでしょうか。

殆どの人が、自由を奪われたくない!と言うでしょう。

私達は、ほとんど生まれながらに選択の自由を持っていて、それは、本能と言うべき欲求であり、私達は、自分の運命を自分で選択する欲求を持っている。と、教授は言います。

この世で一番素敵なホテル、動物でいえば動物園がそうかも知れません。
天敵も食料の心配もない、最適な温度、優しく愛情をかけてくれる飼育員、なのに、動物達には耐えられないのです、それが、証拠に、動物園の動物達は、何度も何度も脱走を繰り返すそうです。

安全な所に居ながら、なぜ安全なところでストレスを持つのか、なぜ、危険な自然界と比べて極端に短命なのか。

セントラルパークにいる320キロの白熊ガスは、人気者ですが、奇妙な行動を繰り返します。心配した飼育員が、ニューヨーカーの多くがそうしているようにセラピストにかかりました。
セラピスト曰く ―彼には、もっと刺激が必要なのです。-と笑えない話をされました。

私達にも、日々の暮らしの中に、達成すべき困難が必要なようです。
選択には、必ずしも、良いものと悪いものがある訳ではないし、どちらも辛い選択もあることを多く経験もしてきました。

生まれる前から赤ちゃんには、選択の欲求があると言われています。
生後間もない赤ちゃんに、きれいなモビールの玩具を与えました、このモビール、適当な時にきれいな音楽が流れ、適当な時に回り出します。
一方、赤ちゃんが手足をバタつかせ、一瞬玩具に触れた時にだけ、モビールが回わり、音楽が流れるように設定されているとき、音楽が流れ,回り出すモビールに対して、赤ちゃんの喜びには格段の差があるそうです。

赤ちゃんの最初の言葉は、ママかパパかと待ち焦がれるものですが、こちらも、選択の代名詞、いや!だったり、もっと!だったりすると言いますから面白いです。

小さな子どもにとって、選択はごくごく些細なものでも、与えられるだけの子どもと、選択をさせる子どもとでは、能力にも格段の差があるとの結果も出ているようです。

これは、経験的に凄く良く分かります!

人間にとって、最も大きなストレスは、コントロールを失うこと!

35年間の追跡調査でも、
ワンマン社長が、毎日、大きな決断に迫られ、忙しく過ごしていると、50歳位で心臓発作でポックリ。と周りの人々に思われがちですが、実は、中間職で、殆ど平凡で、仕事の権限があまりない事務職の方が、心臓発作が、圧倒的に多い事も分かりました。

コネチカット、アーデンハウスの高齢者の住む住宅で、1階と2階にそれぞれこんな指示を出しました。
1階の住人の方達には、
「私達スタッフが、お世話をします。お花を植え、木、金と映画会を開催、また、住人の方達の必要なことは、なんでもします。」

2階の住人の方達には、
「私達スタッフが、お世話をします。お花を植えますが、どんな花が良いか決めて下さい。花は、自分たちで植えますか?私達が植えますか?また、映画会は、見ますか?見る時には、何曜日に開くかなども決めて下さい。」

1階も2階も、全く同じサービスを提供しているのですが、6ヶ月後の住人の健康状態は、大きな開きが出たことがわかりました。
1階か2階かですか?もちろん、2階の住人の健康状態が際立っていたそうです。

心をコントロールする能力は大変重要で、幸福度や健康度に大きな違いが出るということが分かりました。

私達は、些細なことから、難しい大きなことまで、日々選択をしています。

選択は、今日の自分を明日なりたい自分へと、導く唯一の力。
人生があなたから決して奪えないものがあります。
それこそが、選択の力なのです。
                   -シーナ・アイエンガー教授―


赤ちゃんから、お年寄りまで、すべての生きる人々にとって、気づきの多い授業だったと感じました。

それではまた、お目にかかりましょう。
なかむら ももこ
[PR]
by mgmomoko | 2012-02-06 19:26 | 教育