カテゴリ:日記( 4 )
「親は子どもの話を意外と聞いていない?」
こんにちは、こんばんは。
「親は子どもの話を意外と聞いていない?」

4歳のアダムが、父親の煙草をちぎってゴミ箱に捨ててしまった。
父親は間違ってやってしまったものと思い、その時は何も言わなかった。だが、アダムがもう一度同じ事をすると、父親はひどく怒って、お仕置きをするぞ!と大声で怒鳴った。
「2度とするんじゃないぞ!」

しかしその後、母親がなぜそんなことをしたのかを尋ねると、アダムはおとなしく答えた。
「セサミストリートでビッグバードが言ったんだ。大切な人が煙草を吸っていたら、やめないと死んじゃうよって、僕はパパが大好きだから、死んじゃったらやだよ」

アダムが煙草を捨てたのは、煙草を吸わないでほしかったからだと知った父親は、激しく感動し,それ以来、父親は二度と煙草を吸わなかった。


残念ながら私にも、似たような経験があります。

娘がまだ6年生で中学受験を控え本格的に勉強が始まった頃でした。私も仕事を持っていましたから常に子どもの傍で勉強を見てあげることは出来ませんでした。

4月のある日、何かの用事があって娘の部屋に行きました。すると、娘は明らかに何か他事をしていたようで慌ててピンクの布を机にしまい込みました。
私は、娘が何かを隠したという事と、明日は試験があるというのにそんな余分な時間があるのかという思いに腹を立ててしまいました。

娘は弁解するでもなく 小さく「うん」とうなずき、私はそのまま部屋を出ました。

それから3週間ほどしたある日、

「ママ、いつも有難う!母の日のプレゼント!」と言って可愛い手作りエプロンを差し出しました。
淡いピンクとグレーの縞模様に見覚えがありました。それは、娘を叱ったあの日、娘が慌てて机に押し込んだ布です。
嫌でも私は、すぐにその状況を理解しました。そして、言葉には言い表せない程の 激しい後悔の念でいっぱいになりました。

a0183245_15323512.jpg

娘を叱ったあのとき、娘は密かに母の日のプレゼントを作っていたのでした。



20年以上経った今でも大切にしているエプロンですが、母の日の近づくこの頃、その事を思い出して胸のおく~の方がキューンと痛くなり涙が出て来ます。
写真は、その時のエプロンです。

子どもの話しを聞いているつもりでも、その場の状況で勝手に判断してしまいがちです。
二度とこんなことの無いように その後は肝に命じて日々 子ども達に接しています。

お母さんは毎日本当に忙しいのです。でも、無理を承知でもう一度、
あなたは子どもの話、しっかり聞けていますか?

がんばれ、子育てお母さん!!

それではまた、お目にかかりましょうね。

Nakamura momoko
[PR]
by mgmomoko | 2014-04-13 15:32 | 日記
「いま、心に想うこと」
こんにちは、こんばんは。

「いま、心に想うこと」

私達は現在、五感で捉える範囲しか現実と、思えなくなっています。
しかし、現代の物理学では「見えるもの」と「見えないもの」同じものの二つの側面と考えるのが基本だそうです。

そう考えると、「無」と「有」はとても近くに存在していると考えられます。

先日、名古屋のプラネタリウムは、世界一の大きさだということで、子どもたちを連れて行って参りました。
私も、朝七時半から整理券を求めて並びましたが、なんと1000人近くの人が並んだようでした。

やっとの思いで午後のチケットを手に入れ、世界一のプラネタリウムに。

360度のつなぎ目を全く感じさせない超大スクリーンと足元からの音響などなど、いろいろ工夫を凝らした、素晴らしいプラネタリウムです。

いよいよ宇宙への旅が始まりました。名古屋を出発して、どんどん宇宙に飛び出し、ついには太陽系を外から見るようになるのですが、よくご存知のように真ん中の膨らんだ目玉焼きのような、円盤のような形をしている太陽系を横から見ると、ほとんど厚みがない事に驚かされました。

太陽系の中にある我が太陽はといえば、その太陽系の星雲の隅っこにある、小さな小さな星だったのです。
(太陽系の真ん中に太陽があると思っていたのは、私だけだったかもしれませんが。)

また、太陽系の周りにある星、一つ一つが、皆太陽系のような星の固まりだと聞くと、私達がいかに小さな存在であるかと改めて思い知らされました。

Q:「小さな小さな物質を二つに切ると、どうなりますか?」
「それよりも、もっと小さな物質になります。」

Q:「はい、その小さな物質を更にまた二つに切ると、どうなりますか?」
「もっともっと小さな物質になります。」

Q:「それでは、これを更に更に何度も二つに切っていくと、どうなりますか?」
「もっと、もっと小さな物質になります。」

Q:「では、最後は、どうなりますか?」
「無限に小さくなりますが、無には、ならないと思います。」

Q:「そうですね。では、今度は逆にどんどん2倍に膨らめて行くと最後はどうなると思いますか?」[小さな物質に限界がないように、その逆にも限界がないことが、分かりますよね。]
「は~、、、、。」

との、やりとりを思い出しました。

私達が見える範囲はほんの僅か、小さすぎても、大きすぎても見ることができなくなってしまいます。
世の中に、目に見えないものは、余りに多くあるのに、目に見えないものは信じない!という人も多くいます。


私達には、知らないものが余りに多くある事を謙虚に受け止め、見えないものに対しても聞く耳を持つ必要があると思います。

実は、目に見えない物の方が、ずっと、ずっと大切で重要な事だったりするとも思っています。こうした事を、子どもたちに、解り易く、上手に伝えていきたいと願っています。

a0183245_16505564.jpg


“青いお空の底ふかく、海の小石のそのように、
夜が来るまで沈んでる、昼のお星は目に見えぬ。
見えぬけれどもあるんだよ。

散ってすがれたたんぽぽの、瓦のすきに、だァまって、
春の来るまで隠れてる、強いその根は目に見えぬ。
見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。“
       金子 みすずさんの「星とたんぽぽ」より

ローレンシャンスクールでは、今年の夏合宿は種子島宇宙センターと屋久島です。
子どもたちに、宇宙へのでっかい夢と、悠久の古代の山々両方に触れて欲しいと願っています。
7月27日から3日間、30名程での夏合宿が、子どもたちにとって、実りあるものになりますよう祈っています。
 
ではまた、お目にかかりましょう。
[PR]
by mgmomoko | 2011-07-09 16:51 | 日記
今日は、「永続する達成の日」!
こんにちは、こんばんは。

今日インド6000年の歴史であるヴェーダの暦では、
アクシャヤ・トゥリティーヤ「永続する達成の日」だそうです。

この日は、太陽と月が一年に一度、最も高揚する日であり、
この日に新たに「決意表明」をし、行動を起こすと
その行動は進化的な力によって強力に促進されます。


今日は、素晴らしい日のようですね!

そこで、
念願である『公開ワークショップのご案内』をさせて頂けることに感謝しています。
マザーMOMOKOブログも、多くの方たちのお目に触れさせていただいているようで、感謝とともに感動いたしております。

こうしてブログでお話していると、直接お目にかかりたくなり、ほんの数名の方だけでも、集い、楽しいひと時を過ごしたいと心から願っています。

スタートの初回は、特別プログラムを考えています。是非、ご参加お待ちいたしております。

         ☆☆☆☆☆ ご 案 内 ☆☆☆☆☆

☆とき :6月27日(月)a0183245_1226332.jpg
☆ところ:ローレンシャンスクール カメリアの間
          名古屋市東区出来町1ー9-9 グランドメゾン徳川東1F
        只今、マンション外壁改修工事のため、すぐ裏の駐車場は使用できません。
          マンション北側に8台の駐車スペースをご用意しております。
☆時間:午前10時30分~12時30分
☆参加費用:12000円―お茶、ケーキ・幸運を運ぶエンジェル
           (セドナにて購入)付
☆特別プログラムの内容につきましてはヒ・ミ・ツ!

    是非お待ちしています!!


このブログから、コメント、またはmgmomoko2002@yahoo.co.jpにアクセスしてください。折り返し、ご連絡申し上げます!ワクワク!
[PR]
by mgmomoko | 2011-05-06 12:26 | 日記
心のままに
心のままに、、、

63歳になった今、マザーMomoko のブログを通じて自分の心が見えてくる感じがしています。

若かりし頃からずっとスピリチュアルな事柄に惹かれ、そんな書籍ばかり読んでいました。呼吸法、ヒーリング、瞑想と殆ど手当り次第に覗いて来ました。

この年になって、突然39年の指導経験と脳科学とスピリチュアルとが合体!し、自分なりに深~く納得できたのです。

スピリチュアルな事に抵抗のある方には、脳科学の切り口から、こうする事で、より多くの方々に耳を傾けて頂けるのではないかとも感じています。

どれだけの方にブログを見て頂けているのか分りませんが、とにかく書き続けよう。39年かかって分った事をお伝えし、少しでもお役に立ちたい!と深いところで思ったんですねえ。(他人事のようですが)

今回は、

『子どもたちのすべての攻撃は、愛の対極にある不安からのメッセージなのです。』

いじめ、不登校、引きこもりなどなど、子育て中のお母さまにとって心配の種は尽きません。特に男の子の場合、一度距離を持ってしまうと修復はかなり困難です。また、今はまだ小さいから良いけれど、いつそのような状況になるかと心配です。と、おっしゃるお母さまも。
子どもの感情表現を理解できないでいるお母さまは、意外と多いようです。

明らかに何か辛いこと、不安なことがあったはずなのに、そうとは言わず「不機嫌」と「怒り」で表現してしまう。ほんの4歳の子であっても、近所の女の子と遊ばせると仲良くしたいくせに突っついたり、髪を引っ張ったりして泣かせてしまう。
「男の子だから、しょうがないわ」といって放って置いてよいのでしょうか?

こんな風に、特に男の子の感情表現はとてもややこしい事になっているのです。ある書籍に、もともと男の子が感情的に複雑な訳ではなく、「男の子でしょ!泣かないの!」「男の子がそんなことでどうするの!」といった、この一見罪の無いひと言に幼児の頃から、「悲しくても、寂しくても、痛くても、不安でも口に出すのは恥かしいことだ」、というメッセージを送り続けられての結果なのだ」と書いてありました。

人間の感情というのは抑えつければ消えていくというものではありません。ただ元の感情とは違うかたちで出てきたりしているだけなのです。(大人も同じですが)

男の子は、母親が恋しい気持ちを言葉で表現する代わりに、一緒にボール投げしようとか、積み木をしようとか言うかたちで表現する場合があります。我が家の息子もこんな時、背中を踏んで、とか首が痛いとかいったものです。母親にとっても、息子のこのような切ない気持ちを、読み取れないでしまう場合が結構多いと言います。

子ども達の仮の姿に惑わされる事なく、周りの大人たちが本質を見極める余裕をもって、接していかなければなりません。

子どもたちが、日々大きな喜びとともにいろいろな体験ができる事を願ってやみません。

女の子に比べて、男の子の事ばかり書いているようですが、それだけ母親にとって異性の男の子を育てるのは難しく感じられるからかも知れませんね。

日本中のお母さまが、楽しく子育てでき、芯から美しく輝いていて欲しい!と心から願っています。
[PR]
by mgmomoko | 2011-01-11 22:59 | 日記