「小学校受験をするということ」
こんにちは、こんばんは。
「小学校受験をするということ」

昨日は、最も人気の高い小学校の一次試験の合格発表の日でした。
長い一日でした。
朝、気持ちを清く、軽やかにして、ご父兄からの電話連絡を待ちます。通知は速達配達ですから、エリアによって配達時間が違います。

第一報のお電話は、女の子のお母さまから、“先生、合格しました!”と嬉しいご連絡でした。もちろん、二次のご両親と本人の面接が通らなければ、本当の合格にはなりませんが、まず、一次を通過しなくては次もありません。

スクールとして、多くの喜びのお電話がありましたことに感謝しています。長く通ってくださった方、お兄ちゃんお姉ちゃんが既に小学校に通われている方は、全員一次を通過できました。ほっ。。

小学校受験は、合格すれば特別何かない限り、小学校・中学校・高校・大学と保証されるので、親にとってかなり大きな出来事といえます。

今年は、試験の内容に少し変化がありました。
一言でいえば、試験内容のレベルが上がった、と言う事かも知れません。
たとえば、プラスチックのお箸で、お豆を持たせたり、鉄棒は逆上がりなどが新たに入りました。

幼児さんで逆上がり、プラスチックのお箸で豆つかみ、2分間での色ぬり などなど、そのレベルまで要求しますか?と感じました。

スクールの子ども達の大半は、前周りまではできたものの逆上がりが出来なかった生徒がほとんどでした。もちろん、緊張の中 すべりやすい箸での豆つかみにも成功しなかったようです。

しかし、結果としては、一次試験にほとんど合格しました。

学校側はどこまで出来るのかを試してみたのかもしれませんが、こうしたことを試験に入れることで、来年度の受験生には、逆上がりまで求めるようになり、さらに 色々なことがエスカレートしていくことでしょう。

即 体操教室に通う、と言う事ではなく、お父さまが公園で子どもに逆上がりを教えたりするのなら、それは、なかなかよい光景です。

高い合格実績を積んできた当スクールですが、もっとも大切にしている事は、“小学生になってスムーズに学習に入っていける力“であって、先取をして、頭でっかちの子どもを育てるものではない、と言う事です。

子どもの身長程の高さまでプリント学習をさせる所も多々ありますが、それでは、小学校に入ったとき、既に疲れ果て、燃え尽きてしまっています。

a0183245_121152.jpg


「小学校受験は、親の受験」とも言われているのは、食事を含めた生活態度、夫婦関係、親子関係が子どもに反映してくるからなのです。朝食は菓子パン、夜はインスタントっぽい物なのに、もし、朝ごはんは何を食べて来ましたか?と聞かれたら「お味噌汁にお魚と卵焼き、、、、。」と答えるよう訓練しては、最後には、子どもは何も答えられなくなってしまいます。
実際、こうした質問はよくされます。

かといって、日々の生活をきちっとすることは、そんなに生易しいことではありません。

受験を終えられたご夫婦が、「受験があったからこそ、夫婦で子どもについて話し合ったり、夫婦が真剣に向き合えました、こんなことでもなければ、忙しさにかまけて本当に向き合う事もなかったでしょう。結果はともかく、本当に小学校受験をして良かったと思っています。」
と仰っていただくと、心底 良かったぁ。。。と思います。

多くのご家庭に、素晴らしい時間が流れますように。

それではまた、お目にかかりましょうね。

Nakamura momoko



[PR]
by mgmomoko | 2014-11-29 12:09 | 教育