3歳までは、欲求を満たすことが最優先!
こんにちは、こんばんは。

3歳までは、欲求を満たすことが最優先!

「しつけは、早くから始めるほうがよい」

”実は、弱い心にまっしぐら!”
だとしたら。。。

では、その真相に迫ってみましょう!


「子供には早くから、良いこと、悪いことの基本を教えるべき」
「大きくなってから教えても、なかなか身につかない」 

と、考えている人が多いようですが、あまり幼いうちからしつけをすると、子どもの心の成長をさまたげてしまうことがあるようです。

自我の土台は、2~3歳くらいでできあがります。それまでに行なう教育の基本は、「その子の基本的な欲求を、なるべく満たしてあげること」なのです。

2~3歳の子どもは、『欲求の段階』にあります。
「お腹が空いたから、何か食べたい」 「眠りたい」 「おもちゃで遊びたい」 「お父さん、お母さんに愛されたい」そういう欲求が心の前面に出ている時期です。

もし、こうした時期に欲求が満たされないと、心に緊張が生じ、自我の発達が悪くなります。こうした事をあとから取り戻すのは、簡単なことではありません。
a0183245_18195184.jpg



「子どもの安全の為にしつけをするのだ」との意見もあるでしょう、
実際、幼い子どもは、角のとがったテーブルの傍を走り回ったり、ハラハラするような危険な事をいっぱいします。

しかし、3歳に満たない子どもに「そんなことをしてはいけません」と、厳しく叱ると、子どもは理屈が分かりませんから、ただ、「拒否された」「否定された」「愛されていない」と感じ、欲求が満たされなかったストレスを受けるだけなのです。

若いお母さまがお子さまに、「走るとテーブルの角でお顔をうって泣かなければいけないでしょう。危ないから、走っちゃだめよ。」
または、
「このハサミはとっても危ないの。お指が切れちゃうわよ。」

小さなお子さんは、少々怖い表情で話す母親に対し、何度もうなずきながらお母さまの目をじっと見つめて、神妙に話しを聞いています。
でも、お母さまのお話しが終わるや否や、
ブオ~ンとばかり、走っていってしまう我が子に、
「今話したこと、分ったのかしら」と、?が付くような経験をされていることでしょう。

お子さまは、分っていないのです!

大好きなお母さまのお話は、確かにしっかり聞いたのです。次に走って、もっと酷く注意されたら、小さなお子さんの頭の中は?が10個位になってしまう事でしょう。

昔から、「猫を追うより、皿を引け」
と言われるように、危険なものを遠ざけたり、他のものに興味を移す努力をしていきましょう。



どのご両親も、我が子には、だれにも負けない大きな愛を注いで育てていらっしゃいます。
でも、実際には、大きな愛が小さな子供にとって、重荷になってしまっている状態も、残念ながら見かけます。

周りの大人達に、褒められ、感心される子に、いつの間にか育ててしまっていないでしょうか?


まだ、物事を理解できない子どもにしつけをすると、「拒否された」「愛されていない」と感じさせ、そのストレスは子どもの心の成長を邪魔してしまうといいます。
3歳までは、自己中心的でOK。欲求をきちんと満たしてあげましょう。

そんなことしたら、うちの子どこに飛んでいくか分かりません!と悲鳴をあげそうなお母さま、「やんちゃなお子さまには、ある程度のロープが必要ですが、出来ることなら、なるべく長めのロープにしてあげてくださいね!」(このロープは、もちろん目に見えないロープですけれどね。)

よく「三つ子の魂、百まで」といいますが、これは、「大事なことは、3歳までにキッチリ教え込め」という意味ではありません。「3歳までにその子の基本的な欲求を満たし、心の基盤をしっかり育んであげることで、その後の健全な発達がスムーズに行なわれる為の大切な時期」という意味だそうですよ。

ではまたお目にかかりましょう




                     参考資料 -ここが人間の分かれ道― 蓮村 誠 
[PR]
by mgmomoko | 2011-06-29 18:11 | 教育